信用取引の種類(制度信用と一般信用)

信用取引には大きく、証券取引所がルールを定めている「制度信用取引」と個別の証券会社がルールを定めている「一般信用取引」の二つがあります。それぞれで基本的な仕組みは同じなのですがいくつか異なる点もあるのでそれぞれの違いを比較します。

ちなみに、証券会社に信用取引口座を解説した場合、制度信用取引・一般信用取引の両方が取引できるようになります。(一般信用取引サービスを提供していない会社は除く)

制度信用取引とは

制度信用取引とは、証券取引所が一定のルールを定めている信用取引です。金利(貸株料)や弁済期間も一律となっています。信用取引で売り建てができる銘柄については証券取引所が選定した「貸借銘柄」に限られます。

 

一般信用取引とは

一般信用取引は、各証券会社が独自にルールを作ることができるものです。金利(貸し株料)は証券会社が自由に設定することができ、弁済期間も6ヶ月に限定されません。弁済期間を無期限に設定しているところもあります。
買い建てについては原則全銘柄が可能ですが、逆に売り建て(空売り)はほとんどの証券会社でできない。また、可能な場合でもごく一部の銘柄のみしか利用できないことが多いです。

 

制度信用取引と一般信用取引の比較

 
制度信用取引
一般信用取引
金利・貸し株料 どの証券会社でも一定 証券会社により異なる
買い建て可能銘柄 ほとんどの銘柄。ただし、上場直後の銘柄などは不可。 すべての株を買い建て可能
売り建て可能銘柄 証券取引所により貸借銘柄に指定されている銘柄のみ。 ほとんどの証券会社で不可。
(一部の証券会社で可能)
弁済期間 6ヶ月 証券会社により異なる
(3年、無期限など)

実際に投資をするうえでどんな違いがあるのか、またどうやって使えばいいのかについてですが、個人的にはごく一部の利用を除いて「制度信用取引」をオススメします。

その理由は以下の通りです

  1. 金利(貸し株料)は一般信用取引の方が高い。
  2. 一般信用のメリットである弁済期間の長さは金利(貸株料)の高さとあいまって非常に大きな建て玉(ポジション)維持コストがかかることになってしまう。
  3. 空売りができない(できてもごく一部の銘柄)

以上から通常の信用取引では「制度信用取引」を利用することが多いです。一方、一般信用取引のメリットについては以下のような利用時にメリットがあります。

  1. 新規上場銘柄も上場日から買い建て可能
  2. 空売りができる場合「逆日歩」が存在しない

信用取引におすすめの証券会社ランキング

ランキング1位:ライブスター証券

株式投資の手数料の安さではでは、他社を圧倒する水準となっています。現物株式・信用取引ともに手数料は格安です。
また、口座開設から40営業日(約2ヶ月間)は取引手数料がすべて無料(現物・信用取引・日経225)となっています。
>>ライブスター証券詳細情報

ランキング2位:GMOクリック証券

売買手数料の安さは最安値水準。現物株はもちろん、信用取引でも最安値となっており、短期売買には極めて魅力的な証券会社です。
一般信用取引で空売りは不可ですが、それを補って余りある取引コストの安さが魅力です。
>>GMOクリック証券詳細情報

ランキング3位:カブドットコム証券

信用取引で一般信用取引で空売りが可能な数少ないネット証券の一つです。MUFGのメンバーですので信頼性も高いです。もちろん、信用取引以外の面(取引ツールなど)も優れいています。
>>カブドットコム証券詳細情報

株式投資におすすめの証券会社

まだ、口座がないのであればSBI証券か楽天証券のどちらかを選んでおけばまず問題ありません。どちらも総合力は高いし、サービスも基本的に揃っているからです。そこから目的に応じて+αで証券口座を作っていけばよいだけです。

ちなみに、まだ口座を作っていない人はラッキーです。
証券口座というのは実は沢山の広告費を出す業界でもあります。そのため、ポイントサイトと呼ばれるWEBサービスを経由して口座開設をすればまとまったポイントを獲得することができます。ポイントサイトって何?という方は「ポイントサイトとは?」の記事をご覧ください。

・SBI証券

・楽天証券

・マネックス証券

・auカブコム証券

・松井証券

といったような大手証券はいずれもポイントサイトの常連で数千円相当~1万円ほどのポイントを口座開設で獲得できます。ポイントサイトを活用して口座開設で得をしましょう。

参考:今がお得なポイントサイト案件、キャンペーンのまとめ
上記ではポイントサイトで一撃の還元が大きい案件を紹介しています。

 

「信用取引の種類(制度信用と一般信用)」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

信用取引の種類
制度信用と一般信用の違いを徹底比較

株式投資講座

株式投資スタートガイド
株式投資スタートガイドでは、これから新しく株式投資を始めようという方のためのスタートアップコンテンツです。株式投資の基本を学びましょう。
証券会社徹底比較
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。
株式投資のツボ
株式投資に関する具体的な投資テクニックや投資に関するお得情報などを解説します。
株式投資のにおすすめの証券会社一覧
株式投資を始める上でおすすめの証券会社を紹介します。