信用取引の基本的なしくみ

信用取引といいますが実際にはどういった取引なのでしょうか?ここでは具体的に信用取引というものがどのような形で、どのような流れで行われている取引であるのかということを分かりやすく紹介していきます。

信用取引って実際にどういう取引なの?

信用取引は顧客(投資家)に信用を供与する取引です。信用を供与するというのは要するにお金を貸すことです。信用取引では、投資家は証券会社に「証拠金」という資金を預けておき、その証拠金の金額に応じて、証拠金金額以上の証券会社から資金を借りて、その借りた資金で株式投資をいうのです。

ちなみに、証券会社から借りることができるのはお金だけではありません。株式を借りることもできます。投資家は株を借りてその株を市場で売却することもできます。これがいわゆる「空売り」です。

信用取引を行う場合、投資家は証券会社から資金や株券を借りて投資をします。次は、買いの場合と売りの場合を具体的にそれぞれみていきます。

あるAという銘柄があり、現在の株価は@600円で単位株は1000株とします。あなたは現在証券会社に100万円を預けているとします。

買いの場合(信用買い)のしくみ

信用買いを行う場合、証券会社からその株を買うための資金を借りることになります。借りることができる上限額は証拠金の3.3倍までです。つまり333万円までなら借りることができます(証券会社により上限は異なります)。

投資家はこの借りることができる333万円の範囲で信用取引として株取引が可能です。例えば、現在の価格@600円で5000株(300万円相当)の投資をしたとします。

この場合、投資資金である300万円は証券会社から融資を受けています。その後、株価が@630円になったので利益確定で決済したとします。決済代金は315万円となります。内300万円は証券会社からの融資の返済となりますので、あなたの手元には15万円の差額が残るというものです。

売りの場合(空売り)のしくみ

空売りの場合をみていきましょう。基本的な仕組み自体は信用買いの場合と同じです。ただ、融資を受けるのではなく、株を借りるという違いがあります。
例えば、@600円でAという株を空売りします。仮に5000株を空売りする場合、投資家は証券会社からA株を5000株借ります。そしてその5000株を証券取引所(市場)で売却します。
あなたは売却代金として300万円を手にすることになります。(ただし、この300万円は自由に扱うことはできません)

その後、予想通り株価が@550円にまで下がったとします。これを決済する場合には証券会社に借りているA株5000株を返却する必要があります。そのため、市場からA株を5000株買い戻します。そのときの調達費用は@550×3000=250万円です。あなたは調達した5000株を証券会社に返却します。また、あなたの手元には最初に売った代金である300万円と、買い戻した際の調達費用である250万円を差し引いた50万円が手元に残ることになります。

信用取引におすすめの証券会社ランキング

ランキング1位:ライブスター証券

株式投資の手数料の安さではでは、他社を圧倒する水準となっています。現物株式・信用取引ともに手数料は格安です。
また、口座開設から40営業日(約2ヶ月間)は取引手数料がすべて無料(現物・信用取引・日経225)となっています。
>>ライブスター証券詳細情報

ランキング2位:GMOクリック証券

売買手数料の安さは最安値水準。現物株はもちろん、信用取引でも最安値となっており、短期売買には極めて魅力的な証券会社です。
一般信用取引で空売りは不可ですが、それを補って余りある取引コストの安さが魅力です。
>>GMOクリック証券詳細情報

ランキング3位:カブドットコム証券

信用取引で一般信用取引で空売りが可能な数少ないネット証券の一つです。MUFGのメンバーですので信頼性も高いです。もちろん、信用取引以外の面(取引ツールなど)も優れいています。
>>カブドットコム証券詳細情報

株式投資におすすめの証券会社

まだ、口座がないのであればSBI証券か楽天証券のどちらかを選んでおけばまず問題ありません。どちらも総合力は高いし、サービスも基本的に揃っているからです。そこから目的に応じて+αで証券口座を作っていけばよいだけです。

ちなみに、まだ口座を作っていない人はラッキーです。
証券口座というのは実は沢山の広告費を出す業界でもあります。そのため、ポイントサイトと呼ばれるWEBサービスを経由して口座開設をすればまとまったポイントを獲得することができます。ポイントサイトって何?という方は「ポイントサイトとは?」の記事をご覧ください。

・SBI証券

・楽天証券

・マネックス証券

・auカブコム証券

・松井証券

といったような大手証券はいずれもポイントサイトの常連で数千円相当~1万円ほどのポイントを口座開設で獲得できます。ポイントサイトを活用して口座開設で得をしましょう。

参考:今がお得なポイントサイト案件、キャンペーンのまとめ
上記ではポイントサイトで一撃の還元が大きい案件を紹介しています。

 

「信用取引の始め方」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

空売りのしくみ
信用取引における空売りのしくみについて解説

株式投資講座

株式投資スタートガイド
株式投資スタートガイドでは、これから新しく株式投資を始めようという方のためのスタートアップコンテンツです。株式投資の基本を学びましょう。
証券会社徹底比較
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。
株式投資のツボ
株式投資に関する具体的な投資テクニックや投資に関するお得情報などを解説します。
株式投資のにおすすめの証券会社一覧
株式投資を始める上でおすすめの証券会社を紹介します。