MRFとは何か? リスクとリターン、特徴など

MRF(マネーリザーブドファンド)。公社債投資信託の中でも決済性・流動性に優れており、多くの証券会社では、MRFを現金とほとんど同じように扱っており、証券会社に入金=自動的にMRFの買い付けとなる会社も多い。元本保証ではないが過去に元本割れを起こしたことはありません。

換金性も非常に高く、元本保証商品ではないものの、過去に割れたことはなく、極めて安定的に運用できる公社債投資信託です。金利面は銀行の普通預金よりもやや高いと言ったところになっています。

MRFとは

MRFは公社債投資信託の中でももっとも高い安定性がある投資信託です。通常証券会社に総合口座(証券総合口座)を開設した状態で、証券会社に入金をすると自動的にMRFの買い付けをするようになっています。

証券会社ではまさに銀行における「普通預金」とほぼ同じような扱いをされている投資信託となっています。即日解約が可能ですぐに出金することができるようになっています。
(実際には即日解約違うのですが、キャッシングという機能で即日出金が可能です。消費者金融のキャッシングとは異なります)

そのため、流動性も高く、証券会社に預けているお金といった表現が適切です。実際に証券会社のATMは手数料無料でコンビニ等で下せるところもあるので、ちょっと金利がよい預金代わりとして使っている方も多いと聞きます。

 

MRFと元本割れ

MRFは証券会社の普通預金と書いているように、運用における収益性よりも元本の安定性に主を置いています。過去のMRFの運用の歴史においてMRFで元本割れをしたことは一度もありません。

極めて安全に運用されるため、リスクとしてはほぼゼロと考えても良いと思います。もし、仮にMRFが元本割れするようでしたら、深刻な経済危機が同時に発生しているはずです。

 

MRFと金利

MRFは超短期の公社債に対して投資をしている投資信託(公社債投信)です。そのため、金利として「分配金」が支払われます。ただし、銀行の普通預金や定期預金のような「確定利回り」ではなく、実際にあがった収益分が支払われます。
過去の状況から見ると銀行の普通預金金利よりは高い利回り(金利)をあげています。

>>公社債投資信託の一覧に戻る


投資信託をこれから始める方におすすめの証券会社

SBI証券

投資信託の取り扱い数が多い。さらに、投信マイレージサービスというポイントサービスがあり、投資信託を購入、保有するだけでポイントが貯まるユニークな特典付き。実施的な信託報酬の値引きになり投資信託のコストが安くなります。
>>SBI証券詳細

カブドットコム証券

1000円から始められる投資信託積立投資、販売手数料がかからないノーロード投資信託などの取り扱いが豊富。 三菱UFJフィナンシャルグループなので安心感も高い。
投資初心者から高い評価。
>>カブドットコム証券詳細

 

「MRF」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

MRF (公社債投信
公社債投資信託の一種で、超短期の債券で運用されている投資信託

投資信託講座

投資信託の基礎知識
投資信託の基礎知識では、これから投資信託(ファンド)に投資をするという投資家のために、投資信託の「いろは」を解説する基礎講座です。
投資信託の購入ガイド
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。