信用取引と現物株投資の違い

信用取引を始める方は当然現物株投資の経験がある方だと思います。信用取引を始める上で、現物株取引の場合との取引ルールの違いや注意点などを分かりやすく解説していきます。

信用取引は現物株取引とは違うルールなどがたくさんある

信用取引を始める方は当然現物株投資を経験されている方だと思います。しかしながら、信用取引の場合、現物株取引とは違ういくつかのルールなどが存在しています。
現物株と同じ感覚で取引していると大きな落とし穴にはまってしまうこともありますので、信用取引と現物株取引の相違点についてしっかりと理解していきましょう。

ポジションの維持には費用がかかる

第1のポイントは「金利」です。信用取引の場合、証券会社から投資資金や空売りのための株券を借りています。つまり、この借りていることに対する費用が発生するのです。信用取引では株を買ったり、売ったりしている状態(いわゆる建てている状態)にコストが発生することを理解しておきましょう。

投資期間に制限がある(弁済期間)

信用取引の場合制度信用取引という一般的な信用取引では、建て玉期間(連続してポジションを持つ期間)は最長6ヶ月となっています。つまり、損が出たから現物株のように塩漬けしておいていずれ上がるのを待つといった事ができません。(ただし、個別の証券会社が独自にルールを決める一般信用取引ではその限りではありません)

配当金や株主優待の取り扱いが違う

信用取引で株を買った場合、株を買って入るのですが、仕組み上株主名簿にあなたの名前は記載されません。そのため企業からの配当金や株主優待などの受け取りに現物株とは違いがあります。

信用取引におすすめの証券会社ランキング

ランキング1位:ライブスター証券

株式投資の手数料の安さではでは、他社を圧倒する水準となっています。現物株式・信用取引ともに手数料は格安です。
また、口座開設から40営業日(約2ヶ月間)は取引手数料がすべて無料(現物・信用取引・日経225)となっています。
>>ライブスター証券詳細情報

ランキング2位:GMOクリック証券

売買手数料の安さは最安値水準。現物株はもちろん、信用取引でも最安値となっており、短期売買には極めて魅力的な証券会社です。
一般信用取引で空売りは不可ですが、それを補って余りある取引コストの安さが魅力です。
>>GMOクリック証券詳細情報

ランキング3位:カブドットコム証券

信用取引で一般信用取引で空売りが可能な数少ないネット証券の一つです。MUFGのメンバーですので信頼性も高いです。もちろん、信用取引以外の面(取引ツールなど)も優れいています。
>>カブドットコム証券詳細情報

株式投資におすすめの証券会社

総合力に優れるネット証券最大手「SBI証券」

ネット証券の中でも最大手のSBI証券。
売買手数料も安い上、投資商品の充実度、貸株やPTSなどの取引サービスも充実しています。証券会社選びに迷った時はSBI証券を選んでおけば、まず間違いはありません。
>>SBI証券詳細情報

 

「信用取引と現物株投資の違い」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

信用取引ガイド
信用取引の基本から株式投資のやり方を解説。

株式投資講座

株式投資スタートガイド
株式投資スタートガイドでは、これから新しく株式投資を始めようという方のためのスタートアップコンテンツです。株式投資の基本を学びましょう。
証券会社徹底比較
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。
株式投資のツボ
株式投資に関する具体的な投資テクニックや投資に関するお得情報などを解説します。
株式投資のにおすすめの証券会社一覧
株式投資を始める上でおすすめの証券会社を紹介します。