株価純資産倍率(PBR)

株価純資産倍率(Price Book value Ratio)です。ピービーアールと発音されます。その会社の株価が、当該企業がもっている純資産(資産から負債を引いたもの)の何倍に評価されているかという指標です。

PBRについて

PBRとは、企業の株価の底堅さや最低水準を図る上で活用される株価指標です。その会社の正味財産価値と株価を比較したものです。正味財産価値とは「解散価値」と呼ばれる価値のことで、その企業の資産から負債(借金等)を差し引いたものです。

この解散価値は、理論上、その会社を現時点で倒産(清算)させた際に残る金額のことを意味しています。単位は「倍」、理論上はPBRが1倍未満になった場合、その会社を買収して会社を清算(解散)したほうが株主としての手取りが大きいことになります。

PBRの計算方法

計算方法は以下の計算で可能です。

・PBR=現在の株価÷BPS
・BPS(一株あたり純資産)=会社の純資産÷発行済み株式総数

 

株価純資産倍率(PBR)を使う際の注意点

株価収益率を利用するポイントは「同業他社間での比較に用いること」「PBRはあくまでも健全さの指標とわりきること」という点です。

同業他社間での比較に用いること

PER(株価収益率)の説明のときも同じように、同業他社間での比較に使うこととしましたがPBRの場合も同様です。

会社には資本集約的な企業と労働集約的な企業があります。資本集約的とは、工場や設備などの多額の資産を持たなければ利益を上げられない会社です。対して労働集約的な企業とは人件費に大きく編重する企業です。

どちらがいいとは言いませんが、少ない資本でもビジネスチャンスがある業種では一概にPBRは高く、資本集約的なビジネスではPBRは一概に低くなります。

 

株式投資におすすめの証券会社

総合力に優れるネット証券最大手「SBI証券」

ネット証券の中でも最大手のSBI証券。
売買手数料も安い上、投資商品の充実度、貸株やPTSなどの取引サービスも充実しています。証券会社選びに迷った時はSBI証券を選んでおけば、まず間違いはありません。
>>SBI証券詳細情報

 

「株価純資産倍率(PBR)」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

株価純資産倍率(PBR)とは
PBR(株価純資産倍率)とは、現在の株価が会社の純資産に対して何倍まで買われているのかを把握するための広く用いられる指標です。

BPS(一株あたり純資産)
BPS(一株あたり純資産)は、会社が発行している発行済株式総数に対してどれだけの純資産があるのかを示す指標です。

株式投資講座

株式投資スタートガイド
株式投資スタートガイドでは、これから新しく株式投資を始めようという方のためのスタートアップコンテンツです。株式投資の基本を学びましょう。
証券会社徹底比較
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。
株式投資のツボ
株式投資に関する具体的な投資テクニックや投資に関するお得情報などを解説します。
株式投資のにおすすめの証券会社一覧
株式投資を始める上でおすすめの証券会社を紹介します。