配当利回り

配当利回りとは、企業が株主に対して行う配当金の金額が現在の株価に対して度の程度の割合なのかを示すものです。当然配当利回りが大きいほど株主にとってのインカムゲインが大きいことになり長期投資による投資価値が高いということになります。
ただし、配当利回りがちゃんと自社のあげている利益でまかなわれているのか?それともそうでないのかは重要なチェックポイントとなります。

配当利回りについて

配当利回りは、配当金の現在株価に対する大きさです。

配当利回りの計算方法

計算方法は以下の計算で可能です。

・配当利回り=配当金(通年)の金額÷現在の株価

 

配当利回りを使う際の注意点

配当利回りが大きいということはそれだけインカムゲインが大きいということになります。

しかしながら、配当金(通年)の金額と、EPS(1株あたりの純利益)の大きさについては良く見比べる必要があります。配当金<EPSであれば、その会社があげている利益の範囲内で配当していることになりますが、配当金>EPSという場合は、現在の配当金は過去の利益剰余金などを食いつぶしている状態であるといえます。

配当金>EPSの状態は当然そのまま永久に継続するわけではありません。仮に続いたとしても配当金>EPSの状態では会社の純資産が外部に流出している状態となるので、BPSの低下に結びつき、株価は下落することになります。

つまり、高配当利回りの会社の株を買う場合はその配当金が経営的に妥当に分配されているのかをチェックしないと長期保有で得られたインカムゲインよりも多くのキャピタルロス(売却損)がでるリスクがあるわけです。

株式投資におすすめの証券会社

総合力に優れるネット証券最大手「SBI証券」

ネット証券の中でも最大手のSBI証券。
売買手数料も安い上、投資商品の充実度、貸株やPTSなどの取引サービスも充実しています。証券会社選びに迷った時はSBI証券を選んでおけば、まず間違いはありません。
>>SBI証券詳細情報

 

「配当利回り」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

配当利回りとは (財務分析と株価
配当利回りとは、現在の株価で投資を行った場合に年率換算でどれだけの配当金を受け取ることができるのかを示す指標で す。債券投資や預金などとのパフォーマンスを比較する際に用いられることがある投資指標の一つです。予定配当金の額を現在の株価で割り100倍して計算さ れます。単位は「%」。

株式投資講座

株式投資スタートガイド
株式投資スタートガイドでは、これから新しく株式投資を始めようという方のためのスタートアップコンテンツです。株式投資の基本を学びましょう。
証券会社徹底比較
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。
株式投資のツボ
株式投資に関する具体的な投資テクニックや投資に関するお得情報などを解説します。
株式投資のにおすすめの証券会社一覧
株式投資を始める上でおすすめの証券会社を紹介します。