株式投資に役立つ指標

株式投資に役立つ指標では、株式投資を始める上では必ず抑えておきたい基本的なな株価指標について説明をしていきます。どれも非常によく利用される指標ですのでぜひ理解しておきましょう。

株式投資で押さえたい指標について

株式投資をすると、投資ニュースなどで非常に多くの用語が出てきます。中でも株価指標周りはアルファベットによる略語だったりして非常に分かりづらいものです。しかし、逆に考えると、こうした言葉の意味が分かれば株式投資がぐっと身近なものに感じるようになります。

最初はとっつきにくいかもしれませんが、ぜひ覚えるようにしましょう。

一株利益(EPS)

株価関連の指標の基本となるのがこのEPSという概念です。株価というものは将来の一株利益(EPS)がどう変化していくのか?ということについて値動きしているといっても過言ではありません。計算方法は単純ですが、大切なのは将来のEPSがどうなるかです。

株価収益率(PER)

株価収益率(Price Earning Ratio)です。ピーイーアールと発音されます。その会社の利益と現在の株価の水準を相対的に示したもので、数字が高いほど利益に対して株価が割高、低いほど割安と判断される指標です。

株価純資産倍率(PBR)

株価純資産倍率(Price Book value Ratio)です。ピービーアールと発音されます。その会社の株価が、当該企業がもっている純資産(資産から負債を引いたもの)の何倍に評価されているかという指標です。

配当利回り

配当利回りとは、企業が株主に対して行う配当金の金額が現在の株価に対して度の程度の割合なのかを示すものです。当然配当利回りが大きいほど株主にとってのインカムゲインが大きいことになり長期投資による投資価値が高いということになります。

移動平均乖離率

移動平均乖離率とは、ある一定期間の平均取引価格と現在の価格にどれだけの乖離があるのかを示したテクニカル的な株価指標です。乖離が大きい場合は、短期的には戻しの動きが発生しやすいという特徴があります。

ゴールデンクロス・デッドクロス

ゴールデンクロス・デッドクロスとは、移動平均線を使った株価のチャート分析の王道ともいえるものです。短期移動平均線(5日線)と中期移動平均線(25日線)を使うものが一般的で、それぞれのクロス(交差)の仕方によってゴールデンクロス・デッドクロスと呼ばれます。

 

株式投資におすすめの証券会社

総合力に優れるネット証券最大手「SBI証券」

ネット証券の中でも最大手のSBI証券。
売買手数料も安い上、投資商品の充実度、貸株やPTSなどの取引サービスも充実しています。証券会社選びに迷った時はSBI証券を選んでおけば、まず間違いはありません。
>>SBI証券詳細情報

 

「株式投資に役立つ指標」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

ファンダメンタル分析
企業の財務分析ができると株式投資においても企業業績と株価についての関係が見えます。ここでは、企業の財務分析を行うことによる、会社の業績や健全性、株価との関係性などを解説していきます。

株式投資講座

株式投資スタートガイド
株式投資スタートガイドでは、これから新しく株式投資を始めようという方のためのスタートアップコンテンツです。株式投資の基本を学びましょう。
証券会社徹底比較
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。
株式投資のツボ
株式投資に関する具体的な投資テクニックや投資に関するお得情報などを解説します。
株式投資のにおすすめの証券会社一覧
株式投資を始める上でおすすめの証券会社を紹介します。