株式の取引時間

株式の取引時間というものは決まっています。代表的な東京証券取引所の場合は午前9時~11時30分(前場)、午後0時30分~午後3時(後場)という時間に取引が可能です。この時間のことを立会時間と呼びます。ここでは、株式の取引時間について解説します。

株式を売買することができる時間

株式を売買できるのは、原則として証券取引所で売買を受け付けている「立会時間」と呼ばれる時間です。(証券取引所により立会時間は微妙に異なりますが、以下では東京証券取引所を例に解説していきます)

株式の取引時間のしくみ

株式の取引時間は「前場(ぜんば)」と「後場(ごば)」に分けられています。この前場と後場の間には1時間ちょっとの休憩時間が入ります。この時間帯も注文を出すことはできますが、売買は成立しません(売買自体が行われません)。

前場
午前9時~午前11時30分までの時間帯を指します。午前9時の取引開始のことを「寄り付き(よりつき)」と呼び、そのときの値段(株価)のことを「始値(はじめね)」と呼びます。午前11時30分には取引が終了しますが、その取引終了のことを「前引け(ぜんびけ)」と呼びます。(2011年11月21日より前場が従来の11時までから11時30分までに延長されました)

後場
午後12時30分~午後3時までの時間帯を指します。取引開始のことを「後場寄り(ごばより)」と呼びます。午後3時に取引が終了しますが、終了のことを「大引け(おおびけ)」と呼び、その価格のことを「終値(おわりね)」と呼びます。なお、取引終了時間3時に売買が成立しなかった場合は大引けと呼ばず「ザラ場引け」と呼びます。ザラ場とは、寄り付き、引け以外の通常の取引時間のことを指します。
(ただし、大証の場合後場は午後3時10分までとなっています)

 

PTS(私設取引システム)による取引

なお、証券取引所における売買時間は上述の通りですが、最近では一部のネット証券で夜間取引という名称で株取引ができるようになっています。

なお、夜間取引(PTS取引)については、それぞれの証券会社独自のサービスとなりますので、PTS取引サービスを行っている証券会社に口座を開設しておく必要があります。

夜間取引・市場外取引で証券会社比較
夜間取引(PTS)を徹底比較

上記のようなページでは、PTSで取引が可能な証券会社を紹介しているのでそれぞれを見て参考にしてください。

PTS取引の注意点

PTS取引(夜間取引)の注意点としては、証券取引所で売買されるよりも一般に出来高(売買の量)が少ないため、大口の注文を入れにくいという点や、場合によっては全く注文が成立しないということもあります。

株式投資におすすめの証券会社

総合力に優れるネット証券最大手「SBI証券」

ネット証券の中でも最大手のSBI証券。
売買手数料も安い上、投資商品の充実度、貸株やPTSなどの取引サービスも充実しています。証券会社選びに迷った時はSBI証券を選んでおけば、まず間違いはありません。
>>SBI証券詳細情報

 

「株式の取引時間」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

前場
株式取引における午前の取引時間のこと

後場
株式取引における午後の取引時間のこと

ザラ場
一日の取引時間のうち、寄りと引けを除いた時間帯のこと

PTS(私設取引システム)
証券会社の電子ネットワークによる取引システムのこと

株式投資講座

株式投資スタートガイド
株式投資スタートガイドでは、これから新しく株式投資を始めようという方のためのスタートアップコンテンツです。株式投資の基本を学びましょう。
証券会社徹底比較
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。
株式投資のツボ
株式投資に関する具体的な投資テクニックや投資に関するお得情報などを解説します。
株式投資のにおすすめの証券会社一覧
株式投資を始める上でおすすめの証券会社を紹介します。