株式の注文方法の種類と特徴

株式を売買するための注文は大きく『買い』と『売り』がありますが、その売買注文を出す場合の売値や買値の価格設定についてはいくつかの注文方法があります。注文の仕方によっては売買が成立しない(しにくい)こともあるのでここはしっかりとおさえておきましょう。

株取引の注文の基本

株取引に関わらず価格が変動する金融商品の注文についての概念はほとんど同じですのでこれを機会にぜひ覚えておきましょう。

株取引などをする場合、注文には「値段」と「数量」を決めることになります。あとは付随情報としてその注文の期限(有効期間)を設定するわけです。中でも重要なのが「値段」の部分です。

この時、数量だけを決めて注文する方法を「成行注文(なりゆきちゅうもん)」。数量だけでなく、買い付け(売りつけ)価格も決めて注文する方法を「指値注文(さしねちゅうもん)」と呼びます。

なお、株取引においては「価格優先の原則」「時間優先の原則」という二つの原則に基づいて多くの投資家からの注文を成立させていきます。

ルール1:価格優先の原則>時間優先の原則
ルール2:成行注文>指値注文
ルール3:注文を出した時間が早い>注文を出した時間が遅い

上記の三つのルールに従って注文が執行されていきます。つまり、注文としては成行注文が何よりも優先されて処理されます。同じ成行注文の場合は注文を出したタイミングが早いものから先に処理されます。それらの成行注文の処理が完了した後で指値注文が成約します。この場合も同様に、注文を出したタイミングが早い方が先に処理されます。

 

成行注文のメリット・デメリット

成行注文の場合、発注した注文がほぼ確実に成約するというメリットがあります。一方で、デメリットとしては、値段を決めずに注文を出すため、売買の状況によっては思いもよらない高い値段で買い付けをしたり、逆に安い値段で売りつけをしたりするリスクがあります。
どうしても買いたい場合は指値注文をするようにするといいでしょう。

 

指値注文のメリット・デメリット

指値注文の場合、買い付けや売却の価格を定めているため、その価格以外で成立することはないというメリットがあります。しかし、注文の優先順位が低いため、中々売買が成立しなかったり、成立しても一部しか成約しないといったリスクがあります。

 

逆指値注文

逆指値注文というのは、特殊注文の一種です。逆方向に指値をするという注文で、リスクヘッジのための損切り(ストップロス注文)などによくつかわれるタイプの注文方法です。使いこなせると便利ですのでぜひ覚えておくようにしましょう。最近ではほとんどの証券会社が逆指値注文を受け付けています。
>>逆指値注文

 

株式投資におすすめの証券会社

総合力に優れるネット証券最大手「SBI証券」

ネット証券の中でも最大手のSBI証券。
売買手数料も安い上、投資商品の充実度、貸株やPTSなどの取引サービスも充実しています。証券会社選びに迷った時はSBI証券を選んでおけば、まず間違いはありません。
>>SBI証券詳細情報

 

「株式の注文方法の種類と特徴」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

指値注文とは
価格・数量の両方を決めて出す注文のこと。

成行注文とは
数量のみを決めて出す注文のこと。

価格優先の原則とは
成行注文が指値に優先し、指値注文でも価格が高い買い注文、安い売り注文が優先されるという原則のこと。

時間優先の原則とは
同じ注文内容であれば、注文が出された時間が早いものほど優先的に処理されるという原則のこと。

株式投資講座

株式投資スタートガイド
株式投資スタートガイドでは、これから新しく株式投資を始めようという方のためのスタートアップコンテンツです。株式投資の基本を学びましょう。
証券会社徹底比較
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。
株式投資のツボ
株式投資に関する具体的な投資テクニックや投資に関するお得情報などを解説します。
株式投資のにおすすめの証券会社一覧
株式投資を始める上でおすすめの証券会社を紹介します。