板情報と気配の見方

株式銘柄がいまどのような状況で取引されているのかを見るためのしくみが「板情報(いたじょうほう)」と呼ばれるものです。この板情報を見ることで売買の状況などを見ることができます。また、売買の状況自体のことを「気配」と呼びます。ここでは、板情報の見方について分かりやすく説明していきます。

板情報とは

板情報とは、株式の取引状況を1枚の板に見立てて、売買動向や価格などを一目でわかるようにしているツールのことです。下のように作られます。

板情報のサンプル
板情報のサンプル(SBI証券

大きく3つの列になっていますね。

売り気配株数
これは、この値段でなら売っても良いとして注文が出されている株数です。上記の例では3,530円で225100株の売り注文(指値)が出ているわけです。

気配値
これは、売り注文や買い注文が出ている株価のことです。上記の場合3,520円~3,530円をはさんで取引されていることが分かります。

買い気配株数
これは、この値段でなら買っても良いとして注文が出されている株数です。上記の例では、3,520円で6900株の買い注文(指値)が出ているわけです。

 

板情報をどう見るのか?

板情報を見ることで、今現在その株式がどのような状況で取引されているのかを知ることができます。

例えば、3530円には20万株以上の売り注文がでており、3520円ではたったの6900株の買い注文しか出ていないわけですから、3520円のラインは防衛ラインとしては弱いといえるでしょう。一方、買い手からしてみれば20万株以上の売り物があるわけですから、買い注文を入れても3530円でほぼ間違いなく約定(成立)すると判断できます。

最も前後の状況が分からなければ、上記だけで相場を判断することはできません。板情報は基本的に、リアルタイムに変動しますのでその動きを見ながら投資をすることになります。

株式投資におすすめの証券会社

総合力に優れるネット証券最大手「SBI証券」

ネット証券の中でも最大手のSBI証券。
売買手数料も安い上、投資商品の充実度、貸株やPTSなどの取引サービスも充実しています。証券会社選びに迷った時はSBI証券を選んでおけば、まず間違いはありません。
>>SBI証券詳細情報

 

「板情報と気配の見方」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

板(気配値)の見方 (株式売買のしくみ
板(いた)とは気配値(けいはいね)とも呼ばれるもので、取引されている株式に対して証券取引所に対して寄せられている売買注文の状況を知るためのツール。

株式投資講座

株式投資スタートガイド
株式投資スタートガイドでは、これから新しく株式投資を始めようという方のためのスタートアップコンテンツです。株式投資の基本を学びましょう。
証券会社徹底比較
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。
株式投資のツボ
株式投資に関する具体的な投資テクニックや投資に関するお得情報などを解説します。
株式投資のにおすすめの証券会社一覧
株式投資を始める上でおすすめの証券会社を紹介します。