証券会社に入金する

証券会社で株取引をするためにはまず証券会社に買い付けのための資金を預けておく必要があります。証券会社にお金を預けるには、一般的には銀行振込が基本になります。ここでは、ネット証券会社における入金方法を分かりやすく説明していきます。

証券会社にお金を預ける

証券会社に口座を開設」した後は、その口座にお金を入金する必要があります。この入金したお金を使って株式を購入したりするわけです。

まず、証券会社に口座を開設する場合、基本的には「証券総合口座」という決済性を持つ預金のようなサービスと、株式や債券、投資信託などの運用商品を保管できる運用サービスをかねた口座を開設しているはずです。

証券会社に入金する場合、その総合口座内においてMRF(マネーリザーブファンド)が自動的に買い付けされます。MRFとは元本の安全性が極めて高く、かつ預金のようにすぐに現金化することができるもので、証券会社では預金の代わりとして使われています。

 

証券会社に入金するための方法

証券会社に投資資金を入金する方法として「銀行振込」「ATM」「ネットのリアルタイム送金」の三つの方法があります。中でも最後のリアルタイム送金はネット上だけで入出金が可能な上、手数料もかからないので非常にお得、かつ入金がリアルタイムに反映されるので便利です。

1.銀行口座から振込みをする

自分の銀行口座から、証券会社が定める銀行口座に預金を振り込むことで、それを証券会社のほうで、振替してもらう方法です。大手の証券会社で取られることが多い方法です。銀行に振込手数料がかかりますが、後日証券会社側がその分を加えてMRFに入金するというサービスが多いようです。
一方で振込→証券会社が確認→MRFの買い付け(振替)という流れになりますので、リアルタイムな反映はできません。

2.ATMを使って入金する

証券会社の中には自社のキャッシュカードを発行して、自社ATMやコンビニATMなどを使ってMRF口座に直接入金できるサービスを提供しているところもあります。この場合は、ATMを使って証券口座に直接お金を入金できます。ほぼリアルタイムな反映が可能です。

3.ネット銀行等の即時入金サービスを利用する

ネット証券と一部のネット銀行、都市銀行などでは即時入金サービスを提供しているところがあります。証券会社の管理画面から銀行口座をダイレクトにつなぐことで、普通の振込とは異なり、リアルタイムに入金が可能です。さらに、ほとんどの場合手数料がかかりません。

株式投資におすすめの証券会社

総合力に優れるネット証券最大手「SBI証券」

ネット証券の中でも最大手のSBI証券。
売買手数料も安い上、投資商品の充実度、貸株やPTSなどの取引サービスも充実しています。証券会社選びに迷った時はSBI証券を選んでおけば、まず間違いはありません。
>>SBI証券詳細情報

 

「証券会社に入金する」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

証券総合口座とは
証券会社における決済性と運用性を持たせた口座のことです。

MRFとは (公社債投資信託
マネーリザーブファンドとは、超短期の公社債に投資をする公社債投資の一種。

コンビニATM一覧 (ネット銀行一覧
日本におけるコンビニATMを一覧で紹介しています。

株式投資講座

株式投資スタートガイド
株式投資スタートガイドでは、これから新しく株式投資を始めようという方のためのスタートアップコンテンツです。株式投資の基本を学びましょう。
証券会社徹底比較
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。
株式投資のツボ
株式投資に関する具体的な投資テクニックや投資に関するお得情報などを解説します。
株式投資のにおすすめの証券会社一覧
株式投資を始める上でおすすめの証券会社を紹介します。