日経テレコンが無料の証券会社比較

日経テレコンとは日本経済新聞社の新聞・雑誌データベースサービスです。通常利用では月に8,400円(税込)もするサービスですが、一部のネット証券ではこの日経テレコンを無料提供しています。これは非常にお得ですのでぜひゲットしておきましょう。

日経テレコンが読めれば日経詩文や日経産業新聞などの各新聞を「無料」で読むことができます。近年は電子版も有料化されているため、。日経テレコンを上手に活用することで無料で読めるというのは大きなメリットですね。

日経テレコンとは

インターネットで閲覧可能なデータベースサービスです。オンラインで日本経済新聞社が発行する新聞や雑誌記事を読むことができるサービス。単に日経テレコンと呼ばれる場合もある。
日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ(日経流通新聞)、日経ヴェリタス(旧金融新聞)の日経四誌の記事のキーワードでの検索機能や記事内容を読むこともできる。さらに他社の新聞記事や雑誌記事の閲覧も可能となっている。

株式投資をはじめとした様々な投資で活用できるサービスとなっており、実際個人的には投資以外での目的(主に仕事)でも使うことが多いサービスとなっています。

 

日経テレコンを投資に活用する

日経テレコンは投資においても便利に活用できます。

たとえば、「投資銘柄の探し方」では、色々な企業(銘柄)の探し方を書いていますが、それでピックアップした会社を日経テレコンで検索することで過去に日経新聞等で取り上げられた記事などを探すことができます。
また、人事などの情報も手に入れることができます。

会社四季報」と並んで企業調査にも活躍すること請け合いです。

 

日経テレコンと証券会社

一部の証券会社では、日経テレコンと提携しており、口座を開設した投資家は無料利用ができるようになっています。

丸三証券

口座を開設するだけで日経テレコンの利用が可能になります。他のネット証券・証券会社と比較しても最も利用ハードルが低い証券会社の一つです。管理人もここで日経テレコンを利用しています。
>>丸三証券詳細ページ

 

・大和証券
大和証券に口座を開設しておけば無料で利用可能だが、大和証券の場合口座管理手数料がかかるので実際上無料利用はできない。

 

株式投資におすすめの証券会社

総合力に優れるネット証券最大手「SBI証券」

ネット証券の中でも最大手のSBI証券。
売買手数料も安い上、投資商品の充実度、貸株やPTSなどの取引サービスも充実しています。証券会社選びに迷った時はSBI証券を選んでおけば、まず間違いはありません。
>>SBI証券詳細情報

 

「日経テレコンが無料の証券会社」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

日経テレコンとは
日経テレコンとは、日本経済新聞社が提供するデータベースサービス。

日経テレコンが無料のネット証券 (投資情報でネット証券比較
日経テレコンの紹介と同サービスを無料で利用可能なネット証券を紹介していきます。

株式投資講座

株式投資スタートガイド
株式投資スタートガイドでは、これから新しく株式投資を始めようという方のためのスタートアップコンテンツです。株式投資の基本を学びましょう。
証券会社徹底比較
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。
株式投資のツボ
株式投資に関する具体的な投資テクニックや投資に関するお得情報などを解説します。
株式投資のにおすすめの証券会社一覧
株式投資を始める上でおすすめの証券会社を紹介します。