もし証券会社が破綻したら?

証券会社の選び方の前に証券会社がもし破綻した場合には投資家にはどのような影響があるのでしょうか?ここでは証券会社が破綻した際の投資家への影響や投資家保護に関する仕組みについて解説します。

証券会社が破綻したとき預けてある資金や株券はどうなるの?

証券会社がもし破綻した場合、投資家にはどんな影響があるのでしょう。銀行のペイオフ(預金保険制度)のように投資家を保護する仕組みはあるのでしょうか?

まず、投資家が証券会社に預けてある資金や株券についてですが、結論からいうと全額が保護されます。そもそも、銀行に預金する場合と異なり、証券会社に預けている資金や株券などは証券会社の名義ではありません。

投資家から預かった資金や株券などは「分別管理(分別保管)」という方法で、証券会社自身の財産と投資家から預かっている財産とが明確に区分されています。

この仕組みは1999年から法律により義務付けられています。分別管理(保管)の方法は、有価証券などを第三者機関に委託する方法と、証券会社自身で別々に分けて管理する方法があります。また、預かっている資金については、「信託銀行」という銀行に信託して証券会社自身の資金と明確に区分をするようになっています。

そのため、証券会社に預けている資金や有価証券(株式・債券・投資信託など)は全額保護されるのです。

また、基本的には分別管理により投資家の財産は保護されるのですが、万が一事故などにより証券会社が円滑な返済ができない場合に備えて「投資家保護基金」による補償制度があります。
この補償制度下では、投資家1名に付き最高1000万円までが保護されます。(ただし、保護されるのはあくまでも変換されない財産に対してであり、株価の値下がりなどが保護されるわけではありません)

このように、証券会社が破綻する場合に備えて、二重の保護機能が用意されています。

株式投資におすすめの証券会社

総合力に優れるネット証券最大手「SBI証券」

ネット証券の中でも最大手のSBI証券。
売買手数料も安い上、投資商品の充実度、貸株やPTSなどの取引サービスも充実しています。証券会社選びに迷った時はSBI証券を選んでおけば、まず間違いはありません。
>>SBI証券詳細情報

 

「もし証券会社が破綻したら?」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

ペイオフとは
金融機関が加入している「預金保険機構」が、預金者を保護するための制度のこと。

分別管理とは
証券会社が顧客投資家からの預かり資産と自己(自社)の資産とを明確に区分して管理する仕組み。法律で義務化。

株式投資講座

株式投資スタートガイド
株式投資スタートガイドでは、これから新しく株式投資を始めようという方のためのスタートアップコンテンツです。株式投資の基本を学びましょう。
証券会社徹底比較
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。
株式投資のツボ
株式投資に関する具体的な投資テクニックや投資に関するお得情報などを解説します。
株式投資のにおすすめの証券会社一覧
株式投資を始める上でおすすめの証券会社を紹介します。