デイトレードタイプ・売買差益タイプ

デイトレード(日計り取引)や頻繁な売買により売買益を獲得することを目的とした投資スタイルを基本とする投資家にオススメの証券会社の選び方を解説していきます。基本的にはトレードツールと取引手数料が重要なポイントとなります。

デイトレーダーのように頻繁に売買する投資家

デイトレードやスイングトレード、極端なスキャルピング取引のように、短期間で、株を売買して売買益を目指す投資スタイルの場合に必要な証券会社のスタイルってどういったものでしょうか?

大きくは「手数料の安さ」と「トレード環境の充実度」が重要な項目となるでしょう。

手数料の安さ

デイトレードのように取引回数が多い投資を行う場合はそれだけ売買コストも高くなりがちです。特にスキャルピングのような薄利多売的なトレードを行う場合は取引コストはできる限り小さい必要があります。

トレード環境の充実度

デイトレードのような短期投資は、ファンダメンタルズのような企業の業績といった面よりもチャート分析のようなテクニカル的な要素で値が動くことが多いです。そのため、こうしたテクニカル的な分析ツールが充実していることも大切です。さらに、スピード勝負な面もありますので、取引ツールのレスポンスなども重要な評価項目となります。

 

デイトレード(短期売買)にオススメの証券会社

以下はデイトレードのような短期売買を目的にする投資家におすすめの証券会社です。

ライブスター証券

株式投資の手数料の安さではでは、他社を圧倒する水準となっています。現物株式・信用取引ともに手数料は格安です。
また、口座開設から40営業日(約2ヶ月間)は取引手数料がすべて無料(現物・信用取引・日経225)となっています。
トレードツールもライブスタートレーダー(WEB版・ダウンロード版)を無料で使えます。
>>ライブスター証券詳細情報

SBI証券

総合ネット証券大手でありながら、取引手数料も安いのでアクティブタイプのトレーダーにも支持されるネット証券です。
取引ツールも充実しており、デイトレーダーにもおすすめです。
>>SBI証券詳細情報

GMOクリック証券

売買手数料の安さは全ネット証券NO1です。現物株はもちろん、信用取引でも最安値となっており、短期売買には極めて魅力的な証券会社です。取引ツールも充実しておりスピーディーな投資が可能です。
>>GMOクリック証券詳細情報

楽天証券

楽天証券は取引コストが安い上、マーケットスピードという取引ツールが原則無料で使えるのがうれしいです。このマーケットスピードは投資家の中で超人気のツールとなっており、あのジェイコム株で有名な億単位トレーダーも愛用しているとの事です。
>>楽天証券詳細

 

株式投資におすすめの証券会社

総合力に優れるネット証券最大手「SBI証券」

ネット証券の中でも最大手のSBI証券。
売買手数料も安い上、投資商品の充実度、貸株やPTSなどの取引サービスも充実しています。証券会社選びに迷った時はSBI証券を選んでおけば、まず間違いはありません。
>>SBI証券詳細情報

 

「デイトレード・売買差益」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

デイトレードとは
日計り商いとも呼ばれる取引手法。一日で買いと売りを完結させる取引スタイルのこと。

スイングトレードとは
取引期間が2日~1週間程度のややデイトレードよりも長い期間を持ち越す投資法のこと。

スキャルピングとは
一日の中でも特に短い時間でわずかな値動きをとる投資スタイルのこと。

チャート分析法 (株式投資講座
チャートについての基本から具体的なチャートの活用例までをわかりやすく説明していきます。ローソク足からトレンド、オシレーターなど。

デイトレード・短期投資スタイルにオススメのネット証券 (ネット証券比較
短期投資スタイルにオススメの証券会社の選び方を解説。

株式投資講座

株式投資スタートガイド
株式投資スタートガイドでは、これから新しく株式投資を始めようという方のためのスタートアップコンテンツです。株式投資の基本を学びましょう。
証券会社徹底比較
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。
株式投資のツボ
株式投資に関する具体的な投資テクニックや投資に関するお得情報などを解説します。
株式投資のにおすすめの証券会社一覧
株式投資を始める上でおすすめの証券会社を紹介します。