証券会社手数料比較

証券会社を比較する上で重要なポイントの一つがその手数料ではないでしょうか?ここでは、そうした証券会社と手数料について、手数料のタイプから手数料の安さランキングまで徹底的に手数料を比較していきます。

証券会社の手数料体系について

証券会社が投資家向けに用意している手数料体系は大きく以下の通りです、

・取引ごと手数料
・一日定額手数料
・その他オリジナル手数料

取引ごと手数料はその名前の通り取引の都度手数料が発生するタイプで、一日定額手数料は取引回数に関係なく、一日の取引金額に対して課せられるタイプの手数料です。最後のオリジナル手数料とは、証券会社がそれぞれ定めている手数料です。
以下に、投資家のタイプ別にどの手数料体系がオススメなのかをまとめましたのでご参照下さい。 >>手数料タイプの選び方

 

証券会社手数料比較(売買都度手数料)

売買都度手数料について各証券会社の手数料を比較しています。太字は掲載中最安値の証券会社です。水準的にはGMOクリック証券、ライブスター証券、SBI証券がかなり競っている感じになっていますね。

基本的には、1日あたりの売買回数が少ない、売買金額が大きい方におすすめの手数料タイプでそんな頻繁に売買しないなら、都度手数料を選択する方がよいかと思います。

証券会社名
50万円以下
100万円以下
150万円以下
300万円以下
GMOクリック証券
241円
436円
528円
834円
ライブスター証券
180円
340円
400円
600円
SBI証券
272円
487円
582円
921円
楽天証券
341円
609円
728円
1152円
カブドットコム証券
540円
990円
1440円
2790円
マネックス証券
450円
1000円
1500円
3000円

上記は2014年4月1日時点の情報に基づき掲載しております。手数料はすべて「税別」です。

 

証券会社手数料比較(一日定額手数料)

一日定額タイプの手数料の比較です。ダントツに強いのはライブスター証券で、僅差でGMOクリック証券といった感じになっています。
他、楽天証券も安めですね。

1日の売買回数が多かったり、1回あたりの投資額が小さい人にお勧めの手数料タイプです。

証券会社名
100万円以下
200万円以下
400万円以下
600万円以下
ライブスター証券
600円
1,000円
1,800円
2,600円
GMOクリック証券
797円
1167円
1860円
2342円
楽天証券
858円
2,000円
4,000円
6,000円
SBI証券
762円
1162円
1962円
2762円
マネックス証券
2,500円
2,500円
5,000円
5,000円
松井証券
1000円
2000円
4000円
6000円

上記は2014年4月1日時点の情報に基づき掲載しております。手数料はすべて「税別」です。

 

株式投資におすすめの証券会社

総合力に優れるネット証券最大手「SBI証券」

ネット証券の中でも最大手のSBI証券。
売買手数料も安い上、投資商品の充実度、貸株やPTSなどの取引サービスも充実しています。証券会社選びに迷った時はSBI証券を選んでおけば、まず間違いはありません。
>>SBI証券詳細情報

 

「証券会社手数料比較」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

証券会社手数料比較 (証券会社の選び方
証券会社の手数料体系について、その種類や仕組みの他、投資家はどう証券会社の手数料を選択するべきなのかを分かりやすく説明していきます。

株式投資講座

株式投資スタートガイド
株式投資スタートガイドでは、これから新しく株式投資を始めようという方のためのスタートアップコンテンツです。株式投資の基本を学びましょう。
証券会社徹底比較
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。
株式投資のツボ
株式投資に関する具体的な投資テクニックや投資に関するお得情報などを解説します。
株式投資のにおすすめの証券会社一覧
株式投資を始める上でおすすめの証券会社を紹介します。