家賃保証会社の倒産リスク

まず、大きなリスクとして家賃保証をしてくれる会社が経営的に大丈夫かどうかです。家賃保証をしてくれている会社が倒産した場合、たんなる家賃保証がされなくなるという問題だけではなく、大家、入居者双方に様々な点でデメリットが生じます。信用リスクとも呼ばれますが、最近では特にクローズアップされている問題です。

保証会社が倒産したらどうなるの?

資産運用のリスク」の項目で説明した「信用リスク」というやつです。いわゆる家賃保証会社が破綻・倒産した場合に投資家(大家)に対してはどのようなリスクがあるのかということです。

大きなリスクとしては以下のリスクがあります。

  1. 家賃保証会社からの家賃が入らなくなる。
    既に入居者が保証会社に支払っている分については、大家が請求できるのは保証会社に対してのみになります。つまり、保証会社が破綻した場合、既に入居者が支払っている賃料相当については大家負担となります。

  2. 敷金の取り扱い
    敷金は家賃保証会社が入居者より預かっています。しかし、保証会社が破綻した場合、当然敷金はオーナーの手元にはきません。その後どうするかによりますが、現実問題として入居者から徴収(再度請求することになります)、またはオーナー(大家)が負担という形のいずれかになるでしょう。

  3. 契約のやり直しなどの実務的な負担
    家賃保証会社が倒産した場合はその会社と入居者が結んでいる契約をオーナー個人との契約に切り替えるための手続きや、破産管財人等との間で契約に関する取り直しなどの打ち合わせetcの事務的な手続きが多数入ることになります。

以上などが代表的になります。このため、家賃保証会社を選ぶときにはその健全性も十分に検討するようにしましょう。家賃保証(一括借り上げ・サブリース)は長期にお付き合いする契約になります。多少は神経質かな?と思えるほど綿密に調査してもやりすぎということはありません。

「家賃保証会社の倒産リスク」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

信用リスクとは
信用リスク(Credit Risk)とは、与信先が返済ができなかったり、清算(破産)してしまうというリスク。与信リスク、デフォルトリスク、貸し倒れリスクとも呼ばれる。

サブリース会社が倒産したらどうなるの? (サブリース契約Q&A
サブリース会社が破綻した際の疑問。

不動産投資講座

不動産投資の基礎知識
不動産投資の基本を解説。不動産投資を始める上では最低限抑えておきたいポイントや誤解されやすい点などを解説。
不動産投資のおすすめ情報
不動産投資に役立つ様々なおすすめ情報や役立つウェブサイトなどを紹介していきます。
不動産投資で失敗しないために
不動産投資で失敗しないための業者のセールストークに嘘やトラブル事例などを分かりやすく解説していきます。