投資用不動産を買う時の注意点

投資用不動産を購入する場合に知っておきたい注意点などを紹介していきます。不動産市場は意外とグレーな部分が多く、知らないと大損をするケースもあります。不動産を買う前に知っておきたい基本を紹介します。

不動産投資を買う前に知っておきたい失敗しないための基本

不動産投資を成功させる上で大切なものは物件選びです。
良い物件を適正な価格で購入することができれば、安定したリターンが期待できます。

その一方で、不動産市場における不動産の流通や価格というものはかなり「不透明」です。株式市場のように取引所で取引されるわけではなく、「業者」対「個人」という形で相対にて取引が行われます。
当然、業者と個人との間では情報量に差が大きいため、有利不利を考えると業者が圧倒的に有利です。

また、不動産の価格は「売り手側が自由に決める」形になっているため、提示されている価格が本当に妥当な価格なのかを知ることが難しいという特徴があります。

 

このような問題点から投資用不動産に限らず、不動産を購入する場合には「業者選び」が最も大切と言われます。

 

不動産市場は不公平なマーケット

まず、不動産市場は基本的には「不公平」な市場です。その商品性(同じものが二つと存在しない)ということろから市場取引に向いておらず、相対取引(直接取引)が基本となっているというのは大きな理由です。いい物件は業者が直接買い取ったり、お得意様に流れることも多いです。

 

良い不動産物件はなかなか表に出てこない

不動産業者がよくいわれることに「表に出ていない物件はない?」という言葉があります。物件情報サイトなどに掲載される物件というものは売れない理由がある物件で、良い物件はそうしたサイトに載ることなく売れてしまうため、良い物件は中々表に出てこないと言われています。

 

「投資用不動産を買う時の注意点」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

不動産市場の抱える問題点は不透明さとインサイダー

不動産投資講座

不動産投資の基礎知識
不動産投資の基本を解説。不動産投資を始める上では最低限抑えておきたいポイントや誤解されやすい点などを解説。
不動産投資のおすすめ情報
不動産投資に役立つ様々なおすすめ情報や役立つウェブサイトなどを紹介していきます。
不動産投資で失敗しないために
不動産投資で失敗しないための業者のセールストークに嘘やトラブル事例などを分かりやすく解説していきます。