不動産融資の固定金利と変動金利

アパートローン(不動産ローン)の場合、当然借入ですので「金利」がかかってきます。このい金利には大きく「固定金利」というものと「変動金利」という二つの金利パターンがあります。ここではそれぞれの違いとメリット・デメリットを分かりやすく解説していきます。

固定金利と変動金利の違いとは

固定金利と変動金利はそれぞれにメリットとデメリットがあります。どちらにより魅力を感じるかについては利用者の状況や考え方によるところが大きいです。

不動産融資における固定金利のメリットとデメリット・リスク

固定金利のローンの場合、金利変動がないので、将来にわたっての返済額やローン総額が契約時点で決定します。将来金利が上昇して返済額が過大となるような「金利リスク」がないので、安心した将来設計ができます。
一方、金利リスクを銀行などの金融機関側が負うことになるため、設定される金利は変動金利のものよりも高くなります。

不動産融資における変動金利のメリットとデメリット・リスク

変動金利のメリットは、設定時点での金利が固定金利のものよりも安いという点です。現在は超低金利時代といわれていますが、変動金利と固定金利とでは1%以上も金利が違うケースがあります。借入の金額が大きくなるアパートローン等の不動産融資はこの1%の違いでもかなり大きな差が生じます。
一方、将来金利が上昇すると、大幅な負担増につながるリスクがあります。

「不動産投資と融資」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

住宅ローン金利の種類 (住宅ローンの返済プラン
住宅ローンにおける固定金利、変動金利などの金利プランの種類とそれぞれの特徴などを解説しています。

不動産投資講座

不動産投資の基礎知識
不動産投資の基本を解説。不動産投資を始める上では最低限抑えておきたいポイントや誤解されやすい点などを解説。
不動産投資のおすすめ情報
不動産投資に役立つ様々なおすすめ情報や役立つウェブサイトなどを紹介していきます。
不動産投資で失敗しないために
不動産投資で失敗しないための業者のセールストークに嘘やトラブル事例などを分かりやすく解説していきます。