住宅ローンとアパートローンの違い

アパートローン(不動産融資)について説明するときに生じやすい疑問が同じ不動産に対するローンである「住宅ローン」との違いです。ここでは、住宅ローンとアパートローンとの違いを分かりやすく説明していきます。

住宅ローンとアパートローンは何が違う?

まず、定義上の違いとしては「自分が住む家かどうか?」が最大のポイントとなります。仮に一戸建ての購入であっても自分の居住目的でない場合には住宅ローンを利用することはできません。

一般に金利等の条件は住宅ローンの方が借り手にとってお得なケースがほとんどです。それは、住宅取得の奨励という政治政策的な意味合いと、自分が住む家というのには人は愛着を持つためローンの返済率が高いという経済的な意味合いもあるそうです。

また、そうした意味だけでなく、「審査」のポイントの住宅ローンとアパートローンとではずいぶんと異なります。いくつか見ていきましょう。

 

審査の違い

まず、住宅ローンで最重要視されるのは「返済者の返済資質・能力」です。住宅ローンは住宅自体がキャッシュを生むわけではないので、借り手の返済能力が重要視されます。
一方でアパートローンの場合は融資で買った物件が生み出す賃料収入から返済が行われるのが基本ですから、物件の収益性や担保的価値が重要視されます。当然借主の信用属性なども評価されますが、順位としては収益性や担保価値の方が高くなります。

 

「不動産投資と融資」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

アパートローンと融資 (アパート経営の教科書
アパート経営・投資における融資についてその活用法や審査などについてわかりやすく解説していきます。

不動産投資講座

不動産投資の基礎知識
不動産投資の基本を解説。不動産投資を始める上では最低限抑えておきたいポイントや誤解されやすい点などを解説。
不動産投資のおすすめ情報
不動産投資に役立つ様々なおすすめ情報や役立つウェブサイトなどを紹介していきます。
不動産投資で失敗しないために
不動産投資で失敗しないための業者のセールストークに嘘やトラブル事例などを分かりやすく解説していきます。