不動産投資と融資

不動産投資ときくと多額の資金が必要だというイメージをお持ちかと思います。確かに、物件の価格は数千万円といった価格帯になることも多いのですが、多くの不動産投資家は融資(アパートローン)を活用する事で自己資金は数百万円くらいから不動産投資を始める方が多いです。ここでは、不動産投資と融資の活用法について解説します。

不動産投資に必要な自己資金について

不動産投資は投資総額でみると、数千万円から高いものでは億単位の投資になる場合もあります。もちろん、そうした投資資金を全額用意できる人はほとんどいません。そのため、不動産投資をする多くの方はその資金を「借入(融資)」によってカバーします。
ただ、実際に数千万円といった多額の資金をすんなりと融資してもらえるのでしょうか?また、実際に必要となる自己資金としてどの程度必要になるのでしょうか?

不動産投資の場合は、他の事業資金などを借りる場合と異なり、融資を受けやすいです。それは投資における「土地」「建物」「収益(賃料)」という返済のために必要となる担保が多いためです。もちろん、自己資金が多いにこしたことはありませんが、少ない場合でも(極端な場合ゼロでも)融資を受けることができる場合があります。

不動産投資とフルローン(全額融資)

ごく限られた例でありますが、物件や投資家によっては不動産投資において「フルローン(全額融資)」を受けることができる場合があります。この場合は売買手数料や登記費用などの投資の際に必要となる費用を除いて投資資金を融資にてカバーすることが可能です。ここでは不動産投資におけるフルローンについてみていきます。

借入は必ずしも損ではない(レバレッジ)

不動産投資をするために借入(融資・ローン)は使いたくないという方もいらっしゃるでしょう。しかしながら、不動産投資において借入は必ずしも損ではありません。大きなポイントは「レバレッジ」の活用です。ローンを使う事でより大きな投資ができることで、最終的なリターンの効率性が高まるという側面が期待できるためです。

 

アパートローン(不動産融資)で抑えておきたい基礎

ここでは、アパートローンを利用する上で理解しておきたい基本的なポイントや基礎を解説していきます。ぜひおさえておきましょう。

住宅ローンとアパートローンの違い

アパートローン(不動産融資)について説明するときに生じやすい疑問が同じ不動産に対するローンである「住宅ローン」との違いです。ここでは、住宅ローンとアパートローンとの違いを分かりやすく説明していきます。

固定金利と変動金利

アパートローン(不動産ローン)の場合、当然借入ですので「金利」がかかってきます。このい金利には大きく「固定金利」というものと「変動金利」という二つの金利パターンがあります。ここではそれぞれの違いとメリット・デメリットを分かりやすく解説していきます。

「不動産投資と融資」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

アパートローンと融資
アパート経営における融資・ローンについて分かりやすく解説していきます。

不動産投資講座

不動産投資の基礎知識
不動産投資の基本を解説。不動産投資を始める上では最低限抑えておきたいポイントや誤解されやすい点などを解説。
不動産投資のおすすめ情報
不動産投資に役立つ様々なおすすめ情報や役立つウェブサイトなどを紹介していきます。
不動産投資で失敗しないために
不動産投資で失敗しないための業者のセールストークに嘘やトラブル事例などを分かりやすく解説していきます。