アパート経営

アパート一棟を購入するタイプの不動産投資です。アパート一棟になりますので、規模としては比較的大きくなります。不動産投資というとこのアパート経営を最初に思い浮かべる方も多いようです。

アパート一棟を購入する投資

アパートを丸々一棟購入して、それぞれの部屋を第三者に貸し出すという投資になります。「マンション投資(一戸)」の場合よりも部屋数が多くなり、より運用も大規模になります。
当然投資金額もおおきくなりますが、マンション投資の場合と異なり、最終的に土地が残るという点は大きな違いといえるでしょう。
また、戸数が増加することにより空室1件あたりのリスクが相対的に小さくなり(分散され)、収支が安定しやすいという特徴があります。

 

他の不動産投資とアパート経営の違い

ここでは、アパート経営において他の不動産投資と比較した場合にそれぞれどんなメリット・デメリットがあるのかを比較していきます。

アパート経営のメリット

  1. マンション投資や不動産投資信託よりも利回りが高くなるケースが多い
  2. 建物の減価償却費により節税効果が得られる
  3. ローン完済後・アパート撤去時でも土地が残る

アパート経営のデメリット

  1. 金額が大きいため、ローンを組む必要がある(金利リスク
  2. 入居率が下がった場合に収益性が落ちる

 

「不動産投資の種類」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

減価償却とは
時間の経過を原因とする資産価値の減少に対応させる為、または資産の期間利用における費用化を目的とした会計手法。

住宅ローンの金利リスク (住宅ローンのリスク管理
住宅ローンを利用する際の、金利リスク(将来の金利上昇による利息負担増大)に対する管理法を解説。

不動産投資講座

不動産投資の基礎知識
不動産投資の基本を解説。不動産投資を始める上では最低限抑えておきたいポイントや誤解されやすい点などを解説。
不動産投資のおすすめ情報
不動産投資に役立つ様々なおすすめ情報や役立つウェブサイトなどを紹介していきます。
不動産投資で失敗しないために
不動産投資で失敗しないための業者のセールストークに嘘やトラブル事例などを分かりやすく解説していきます。