不動産投資の種類

不動産投資といってもその方法は様々です。ここでは、一般的な不動産投資の方法について「不動産投資信託」「マンション投資(一戸)」「アパート経営(一棟)」に加え、すでに土地を持っている方の「土地活用」という4点にわけてそれぞれを解説します。

不動産投資それぞれの特徴を正しく把握しよう。

不動産投資と一口に言ってもそれぞれ様々な特徴があり、それぞれでリスク・リターンが異なります。ここでは、様々な不動産投資について分かりやすくその特徴を比較していきます。

不動産投資信託(REIT:リート)

不動産投資信託(REIT:リート)とは、不動産で運用する投資信託です。「投資信託講座」の中でもどういうものかという点を解説していますが、こちらでは、他の不動産投資との違いにクローズアップしていきます。

マンション投資(一戸)

マンションの部屋一戸(以上)を購入し、それを第三者に転貸(貸し出すこと)で賃料収入をえることができる投資です。なお、マンション投資の場合でも一棟すべてに投資をする場合はアパート経営(一棟)の方がニュアンスは近いです。

アパート経営(一棟)

アパート一棟を購入するタイプの不動産投資です。アパート一棟になりますので、規模としては比較的大きくなります。不動産投資というとこのアパート経営を最初に思い浮かべる方も多いようです。

土地活用

他の不動産投資とはやや趣が異なりますが、既に特に使っていない土地などがあるというケースでの土地活用についても一つの不動産投資といえるでしょう。

 

「不動産投資の種類」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

不動産投資用語集 (住宅ローン比較
不動産やローンに関する用語辞典

不動産投資講座

不動産投資の基礎知識
不動産投資の基本を解説。不動産投資を始める上では最低限抑えておきたいポイントや誤解されやすい点などを解説。
不動産投資のおすすめ情報
不動産投資に役立つ様々なおすすめ情報や役立つウェブサイトなどを紹介していきます。
不動産投資で失敗しないために
不動産投資で失敗しないための業者のセールストークに嘘やトラブル事例などを分かりやすく解説していきます。