家賃収入によるインカムゲイン

不動産投資における基本的な収入源は「賃料」による家賃収入です。こうした賃料収入は比較的安定した収入源となりやすく、また不動産投資の種類によって違いはあるものの、株式投資における配当金や債券のクーポンよりも高利回りとなりやすいというのもメリットです。

賃料収入というものは比較的安定している

普通、部屋を借りるときというものは一ヶ月とか二ヶ月という単位で借りることはありませんよね(もちろん、そういう目的の物件もありますが)。通常は1年、2年といった年単位で借りることが多いです。
つまり、不動産投資における賃料収入というものは比較的安定した収入になることが多いという特徴があります。

もちろん、空室が続けばその間の賃料収入がなくなってしまうというリスクも伴ってはいるのですが、入居者確保ができていれば、不動産投資はかなり安定した収入となるというのも事実なのです。

ちなみに、空室リスクは「不動産投資のデメリット」の項目でも詳しく説明しますが、そのリスク低減の為に、1部屋を持つよりもは小さくても複数の物件を持つことがリスク分散につながります。また、借り上げサービスの活用などによるリスク低減も可能です。

 

「家賃収入によるインカムゲイン」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

インカムゲインとは
配当金や賃料など保有する資産自体が生み出す収益のこと。

一括借り上げとは
アパート経営やマンション投資などにおいて部屋を管理業者が借り上げるシステムのこと。

不動産投資講座

不動産投資の基礎知識
不動産投資の基本を解説。不動産投資を始める上では最低限抑えておきたいポイントや誤解されやすい点などを解説。
不動産投資のおすすめ情報
不動産投資に役立つ様々なおすすめ情報や役立つウェブサイトなどを紹介していきます。
不動産投資で失敗しないために
不動産投資で失敗しないための業者のセールストークに嘘やトラブル事例などを分かりやすく解説していきます。