中古物件投資

既に建築されているアパートやマンションなどに投資をする方法です。既に入居者がいるままの引渡しとなるケースも多いです。一般には新築物件に直接投資をするよりは収益性(利回り)が高い場合が多いです。建物の状況によってはすぐに修繕が必要になる場合などもあります。

中古物件と不動産投資

中古物件の場合は、既に入居者が入っているケースがあること。また、入居者がいない場合であっても、投資額に対する想定家賃が高いということが大きなメリットとして挙げられます。また、減価償却の関係から税制上のメリットも高いです。

一方で、物件の運用可能期間が短いこと、銀行融資の面、修繕リスクの高さなどはデメリットといえるでしょう。

中古物件への投資のメリット

  1. 残りの償却期間が短いため、減価償却を多めに使える(節税効果が高い)
  2. 一般的に投資額に対する利回りが新築物件よりも高い
  3. 最初から入居者がいる場合がある

中古物件への投資のデメリット・リスク

  1. 新築物件と比較して銀行融資がつきにくい
  2. 思わぬ修繕費がかかるなど物件躯体・設備にリスクがある
  3. 残りの運用期間が短い場合がある(築浅物件を除く)

 

「不動産投資の方法」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

中古アパート経営 (アパートと収益物件
中古アパート投資のメリットやデメリットを解説。

不動産投資講座

不動産投資の基礎知識
不動産投資の基本を解説。不動産投資を始める上では最低限抑えておきたいポイントや誤解されやすい点などを解説。
不動産投資のおすすめ情報
不動産投資に役立つ様々なおすすめ情報や役立つウェブサイトなどを紹介していきます。
不動産投資で失敗しないために
不動産投資で失敗しないための業者のセールストークに嘘やトラブル事例などを分かりやすく解説していきます。