競売物件投資

ローン返済ができないなどの理由で銀行から競売にかけられている物件に対して投資(応札)を行い物件を取得します。一般には市場価格よりは安く手に入れられることが多いというメリットがありますが、占有者の存在などのリスクもあり、非常に高い知識・経験が必要になります。

競売物件と不動産投資

まず最初に競売物件はリスクの高い投資となります。

まず、競売はオークション方式により、競売に出されている物件を欲しい価格で入札します。その入札者の中から最も高い金額で入札した人が購入することができます。
そのため、入札する人が多くなればその分価格も高くなります。逆に、誰も入札しないような物件には何かしらの問題があると見るべきです。

また。入札する価格も、単に「安く」では問題物件しか買うことができません。一方で競売でメリットがある価格の物件には多くの投資家や中にはプロも不動産業者も酸化していますので収益還元法などを用いた合理的な価格設定をしているでしょう。

こうした中で、ババをつかむことなく優良な不動産物件を競売で安く手に入れるのは相当の知識や経験が必要になるのです。

競売物件への投資のメリット

  1. 物件を市場価格よりも安い価格で手に入れることができる可能性がある

競売物件への投資のデメリット・リスク

  1. 占有者・入居者などに問題があるリスクがある
  2. 競売そのものによるリスク(高値掴み・不良物件など)
  3. 競売による入札価格をキャッシュで用意する必要がある

 

「不動産投資の方法」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

・競売物件とは

不動産投資講座

不動産投資の基礎知識
不動産投資の基本を解説。不動産投資を始める上では最低限抑えておきたいポイントや誤解されやすい点などを解説。
不動産投資のおすすめ情報
不動産投資に役立つ様々なおすすめ情報や役立つウェブサイトなどを紹介していきます。
不動産投資で失敗しないために
不動産投資で失敗しないための業者のセールストークに嘘やトラブル事例などを分かりやすく解説していきます。