不動産仲介業者の役割と選び方

不動産を売買する場合、基本的に「仲介業者」とよばれる不動産屋さんを通じて取引するのが一般的です。個人間での売買も可能ではありますが、後々のトラブルなども考えるとしっかりとしたプロに間に入ってもらう方がそうしたリスクが少なくなります。
ここでは、不動産仲介業者が果たす役割、依頼すべき理由などを見ながら、不動産投資家として業者の選び方、ポイントを説明します。

不動産仲介業者は何をしてくれるの?

仲介業者というのは、不動産の買主と売主を結びつける仕事をしています(賃貸の場合は貸し手と借り手)。そして、実際に売買が成立したときに「仲介手数料」という成功報酬をもらうようになっています。

この「成功報酬」というのがポイントです。仲介業者は実際に売買が成立しない限りは報酬をもらうことはできないのです。買主の代行として物件を探したり、売主のために物件を売るための広告費を出したとしても、物件の売買が成立しない限りは1円も受け取ることはできません。

ですから、不動産業者(仲介業者)は買主や売主の代わりに、希望する物件を探したり、買い手を探したり、売買に必要な手続きのサポートをしてくれるのです。
インターネットが普及した現在、物件情報というのは簡単にネット検索することができあんす。欲しい物件を探すというのは買主の立場から見てとても簡単になりました。

そういう時代だからこそ、不動産仲介業者に求められる役割というのは、「物件の調査」「ファイナンシャルプランニング」「スムーズに売買・契約ができるようにサポートする」というような、アドバイザーとしての役割が強く求められるようになったと考えています。

単純に、物件を紹介するだけで手数料をもらうというビジネスモデルはいずれ淘汰されるでしょう。不動産投資家として業者を選ぶときもこうしたポイントを重視して仲介業者を選択しましょう。

不動産仲介業者の基本を調べる

仲介業者選びで失敗しないための登録の有無、仲介業者名簿といった基本ポイントを見ましょう。悪質業者につかまっては不動産投資どころではありません。しっかりと仲介業者も投資家の観点からチェックします。

仲介業者の営業マンを調べる

会社自身お事業方針、サポート体制も大切ですが、不動産仲介業者の優劣を決める要素の一つとして営業マンの質が挙げられます。信頼できる営業マンであり、また経験値の高い営業マンの方が売買がうまくいく可能性が高くなります。ここでは、仲介業者の営業マンのレベルを推し量るための物差しを説明します。

「不動産売買契約の基本」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

特にありません。

不動産投資講座

不動産投資の基礎知識
不動産投資の基本を解説。不動産投資を始める上では最低限抑えておきたいポイントや誤解されやすい点などを解説。
不動産投資のおすすめ情報
不動産投資に役立つ様々なおすすめ情報や役立つウェブサイトなどを紹介していきます。
不動産投資で失敗しないために
不動産投資で失敗しないための業者のセールストークに嘘やトラブル事例などを分かりやすく解説していきます。