不動産売買契約の基本

不動産投資や物件の売却をする場合、基本的には仲介業者(不動産屋)を利用することになるかと思います。ここでは、不動産物件投資のための購入やすでの保有する不動産の売却について解説します。ちなみに内容は不動産投資だけでなく、マイホームの購入・売却にも応用できます。

不動産業者の分類と特徴

不動産業者と一口に言ってもいくつかの分類できます。ただし、あくまでも業務上の分類であり、下記業務の複数を1社で行っている場合もあります。

・流通業(仲介業)
不動産物件の売却や貸したい人(売主・貸主)と不動産物件の購入や借りたい人(買主・借主)とを結びつける仕事をします。当ページにおける不動産屋という場合はこの流通業者をさします。

・賃貸業
いわゆる不動産のオーナーです。自身が保有する不動産物件(アパート、マンション、ビルなど)を賃借人・テナント等に貸すことを仕事とします。不動産投資家(オーナー)はこの賃貸業にあたります。

・管理業
管理業は、賃貸業を営むオーナー等から依頼を受け、賃貸業のサポートをする仕事です。入居者管理や物件の維持管理などを行います。また、管理業者自身が借り手となるサブリースの契約者となることもあります。

・開発業・分譲業
いわゆるディベロッパーになります。分譲マンション等の開発、都市開発などが主となります。自社で土地開発や物件を建築します。

上記のように分類することができます。

 

不動産仲介業者の役割

不動産を売買する場合、基本的に「仲介業者」とよばれる不動産屋さんを通じて取引するのが一般的です。個人間での売買も可能ではありますが、後々のトラブルなども考えるとしっかりとしたプロに間に入ってもらう方がそうしたリスクが少なくなります。
ここでは、不動産仲介業者が果たす役割、依頼すべき理由などを見ていきます。

 

不動産投資と仲介手数料の仕組み

不動産投資をするために仲介業者に売買を依頼すると「仲介手数料」という手数料が発生します。仲介手数料は原則として物件価格の3%+6万円(税別)となります(速算式)。これは法律により定められた上限ですが、ほとんどの業者は上限額で手数料を設定しています。ここでは、仲介手数料の仕組みや値引きのポイントなどを解説します。

 

不動産広告の見方

不動産投資をするとき、情報を集めようとすると物件情報サイトなどのWEBサイトや不動産広告などを見かけるかと思います。こうした広告をどやって読み取っていけばいいのかを解説していきます。

 

不動産売却と媒介契約

自身が保有する不動産物件を「売却」する場合、不動産屋さん(仲介業者)と媒介契約というものを結びます。この媒介契約には大きく3つの契約形態があり、それぞれ業者と売主に対してかかる義務・制限がことなります。上手に使い分けるためのポイントを解説します。

「不動産売買契約の基本」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

特にありません。

不動産投資講座

不動産投資の基礎知識
不動産投資の基本を解説。不動産投資を始める上では最低限抑えておきたいポイントや誤解されやすい点などを解説。
不動産投資のおすすめ情報
不動産投資に役立つ様々なおすすめ情報や役立つウェブサイトなどを紹介していきます。
不動産投資で失敗しないために
不動産投資で失敗しないための業者のセールストークに嘘やトラブル事例などを分かりやすく解説していきます。