不動産査定サイトの活用方法と注意点

不動産査定サイトは、不動産を売却したいという場合に役立ちます。多くの場合複数の見積会社に依頼をすることで周辺価格や物件の状況などを元に売却価格を査定してくれます。査定サイトを活用しておけば、不動産価格についての交渉の材料となる他、自分が持つ不動産の資産価値を知る上でも役立ちます。

不動産査定サイトとは

不動産査定サイトとは、名前の通り不動産物件の査定をしてくれるウェブサービスです。通常は物件を見ないで周辺情報から想定される価格を査定する簡易査定と、実際に担当者が現地を訪問して、周辺環境や売却を希望する物件を査定した上で不動産価格の査定を行う詳細査定に分類されます。

 

不動産査定サイトをどう活用する?

売りたい物件がある場合は一度査定をしてもらうとおおよその価格を知ることができるので売却の判断をされる場合に役立つでしょう。ほかにも自分が持っておる不動産の価値や価格を知りたいという方にもこうしたサービスは利用できるでしょう。

(もちろん、売るつもりが無いのに担当者に来てもらう詳細査定は行うべきでないでしょう。こうした場合は簡易査定を使いましょう)

 

見積り額・査定額は本当に正しいのか?

ここからが本題になりますが、不動産価格の査定って実は結構適当なところもあります。というよりも業者側としては少し乱暴な言い方ですが、いくらでもいいんです。

あくまでも査定額は査定額であって、その価格で業者が買うわけじゃないんです。ブランド品を査定して買い取るような業者とは違います。自分では買わないんです。ここが大きなポイントです。

不動産業者としては「見積り」からの流れで「媒介契約(売らせてくれる契約)」を結びたいと考えています。正直うとその契約が取れればなんとでもなるという面もあるため、高めの査定を出して、ウチならこの金額で売ります!と言うケースもあります。

 

媒介契約ってなに?

不動産を売るときは仲介業者との間で媒介契約を結びます。これを結ぶことで、特定の不動産会社(仲介業者)に物件を売ってもらうという流れになります。

詳しくは「不動産の売却と媒介契約」で詳しく紹介しているのでこちらもご覧らください。

 

じゃあ、査定額は信用できないの?

一社の査定だと正直どこまで信用できるかわかりません。

そのため、複数の業者に査定をしてもらうことが重要です。そのときは査定金額が高いところを選ぶのではなく、査定の根拠を確認し、それが納得できるか?ちゃんと情報開示をしてくれるか?というところを基本に考えるようにしましょう。

「不動産投資に役立つ情報」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

特にありません

不動産投資講座

不動産投資の基礎知識
不動産投資の基本を解説。不動産投資を始める上では最低限抑えておきたいポイントや誤解されやすい点などを解説。
不動産投資のおすすめ情報
不動産投資に役立つ様々なおすすめ情報や役立つウェブサイトなどを紹介していきます。
不動産投資で失敗しないために
不動産投資で失敗しないための業者のセールストークに嘘やトラブル事例などを分かりやすく解説していきます。