金融とは

金融という言葉はよく耳にされる言葉かと思います。特に資産運用を考えている方は「金融」という仕組みを使って利益を出すことを考えているはずです。では具体的に金融とは何なのでしょうか?金融は経済の血液とも呼ばれておりとても重要な経済の機能の一つです。ここでは金融が経済においてどんな役割を果たしているのかを分かりやすく説明していきます。

金融とは

金融とは「金銭の融通」の略語とされており、名前の通りお金をやり取りすることを意味します。大きくは資金が余っている人から不足している人にお金を融通することを意味します。例えば、ある商品を購入したいために資金が不足している人が銀行からお金を借りるのは、金銭の融通であり、「金融」取引です。

また、金融は経済の血液といわれています。これはどういうことなのでしょうか?経済とは「経済とは何か」で説明したように、ある集団、地域の中でお金による取引がどのくらい行われているのか?ということを意味しています。金融にはそのお金の流れをより活発にしたり、効率的にしたりする効果があります。

 

直接金融と間接金融

金融を大きく分類すると「直接金融」と「間接金融」に分類することができます。大雑把に分類すると、証券会社を通じて行われる金融取引が「直接金融」。銀行を通じて行われる金融が「間接金融」と呼ばれます。ここでは、直接金融と間接金融についてその違いや仕組みなどを分かりやすく説明していきます。

まず、直接金融と間接金融の違いは下記の図で示すことができます。

左側にいる人は預金者なり投資家といった資金の出し手、右側にいるのは事業を行いたい会社だとします。

どちらの場合もお金は企業にわたっています。これは同じです。
ただし、間接金融の場合と直接金融との間とでは、誰がリスクを負担するか?という点に違いがあります。また、お金の出し手が、投資先を選べるかどうか?という点もことなります。

それでは、具体的に見ていきます。

直接金融と証券会社

直接金融とは、簡単に説明すると、資金調達をしたい者と資金が余剰している投資家が直接的に、金銭を融通することを意味します。ここでは、直接金融の仕組みとメリット・デメリットについて分かりやすく説明していきます。
>>直接金融と証券会社

間接金融と銀行

間接金融とは、資金調達のニーズがあるものと、資金の出してに対して、銀行と呼ばれる仲介者が入る金融取引のことを意味します。ここでは、間接金融の仕組みが銀行を通じて取引が行われることによるメリット・デメリットなどを分かりやすく紹介します。
>>間接金融と銀行

「金融とは」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

直接金融
資金の出し手と借り手が直接取引をする金融形態。証券会社を利用した取引。

間接金融
資金の出し手と借り手が銀行という仲介業者を経由して行う取引。

資産運用の基礎知識

金融・経済の基礎
資産運用の基礎では、資産運用とは何なのか?また、資産運用において押さえておきたいポイントを分かりやすく解説します。
資産運用の始め方
資産運用の始め方では、資産運用の心構えや投資の基本。投資に関するスタンスなどを紹介。
投資の基礎・考え方
投資の基礎・考え方では、今後始める「投資」について、投資の意義や投資全般について押さえておきたい項目などを解説。
資産運用で気をつけたいポイント
資産運用を始める上でぜひ理解しておきたい制度上・税務上の注意点などを紹介します。