資本回収係数の計算式・資本回収係数表

元本を年金として受け取って取り崩していく場合、1年あたりの受け取り可能額を計算します。ローンの元利均等返済の返済額計算にも使えます。

資本回収係数表

資本回収係数表は下記のとおりです。

  1% 2% 3% 4% 5% 6% 7% 8% 9% 10%
1年 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.1
2年 0.50751 0.51505 0.52261 0.53020 0.53780 0.54544 0.55309 0.56077 0.56847 0.57619
3年 0.34002 0.34675 0.35353 0.36035 0.36721 0.37411 0.38105 0.38803 0.39505 0.40211
4年 0.25628 0.26262 0.26903 0.27549 0.28201 0.28859 0.29523 0.30192 0.30867 0.31547
5年 0.20604 0.21216 0.21835 0.22463 0.23097 0.23740 0.24389 0.25046 0.25709 0.26380
6年 0.17255 0.17853 0.18460 0.19076 0.19702 0.20336 0.20980 0.21632 0.22292 0.22961
7年 0.14863 0.15451 0.16051 0.16661 0.17282 0.17914 0.18555 0.19207 0.19869 0.20541
8年 0.13069 0.13651 0.14246 0.14853 0.15472 0.16104 0.16747 0.17401 0.18067 0.18744
9年 0.11674 0.12252 0.12843 0.13449 0.14069 0.14702 0.15349 0.16008 0.16680 0.17364
10年 0.10558 0.11133 0.11723 0.12329 0.12950 0.13857 0.14238 0.14903 0.15582 0.16275
15年 0.07212 0.07783 0.8377 0.08944 0.09634 0.10296 0.10979 0.11683 0.12406 0.13147
20年 0.05542 0.06116 0.06722 0.07358 0.08024 0.08718 0.09439 0.10185 0.10955 0.11746
30年 0.03875 0.04465 0.05102 0.05783 0.06505 0.07265 0.08059 0.08883 0.09734 0.10608

 

資本回収係数は、ローンの元利均等返済(年払い)の毎年の返済額を計算するための係数です。また、一定額の資金を毎年取り崩すとした場合、取り崩し可能額を計算するための係数でもあります。

ローンの元利均等返済の場合

年利3%、返済期間30年の住宅ローンを借りた場合の毎年の返済額は縦軸30年、横軸3%のところを参照する。すると0.05102とでます。
借入額が2000万円とすると2000万円×0.05102=102万400円と計算できます。これが毎年の返済額となるわけです。
さらに、これを30倍すると総返済額が算出されます3061万2千円となります。

「資本回収係数」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

ファイナンシャルプランニング入門

資産運用の基礎知識

金融・経済の基礎
資産運用の基礎では、資産運用とは何なのか?また、資産運用において押さえておきたいポイントを分かりやすく解説します。
資産運用の始め方
資産運用の始め方では、資産運用の心構えや投資の基本。投資に関するスタンスなどを紹介。
投資の基礎・考え方
投資の基礎・考え方では、今後始める「投資」について、投資の意義や投資全般について押さえておきたい項目などを解説。
資産運用で気をつけたいポイント
資産運用を始める上でぜひ理解しておきたい制度上・税務上の注意点などを紹介します。