コモディティファンド

コモディティ(商品)に対して投資をしている投資信託のこと。金・銀・原油・穀物などの商品に対して投資をしている。09年には大阪証券取引所にコモディティファンド(ETF)が上場し話題になりました。

コモディティファンドとは

投資対象を株式や債券などの有価証券ではなく、商品(コモディティ)としているファンドのことです。コモディティは一般にインフレに強いとされているため、こうした特徴を色濃く持つ投資信託となります。また、09年には金ETFや原油ETFなどが証券取引所に上場もしたため、こういったファンド(上場投資信託)を利用するのもいい手かもしれません。

コモディティファンドに投資をするには

最近は、証券会社等でのコモディティファンドの取り扱い数も増加傾向にあるようです。インデックス型ではなくほとんどの場合はアクティブ型となっています。ETF型のコモディティファンドの場合は、証券会社を通じて購入可能です。ETF型の方が売買手数料や信託報酬が安く設定されています。

詳しくは「ETF(投資信託の種類)」をご参照ください。

投資信託をこれから始める方におすすめの証券会社

SBI証券

投資信託の取り扱い数が多い。さらに、投信マイレージサービスというポイントサービスがあり、投資信託を購入、保有するだけでポイントが貯まるユニークな特典付き。実施的な信託報酬の値引きになり投資信託のコストが安くなります。
>>SBI証券詳細

カブドットコム証券

1000円から始められる投資信託積立投資、販売手数料がかからないノーロード投資信託などの取り扱いが豊富。 三菱UFJフィナンシャルグループなので安心感も高い。
投資初心者から高い評価。
>>カブドットコム証券詳細

 

「コモディティファンド」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

コモディティとは
原油やガスなどのエネルギー、金・銀・プラチナなどの貴金属、小麦・大豆・とうもろこしなどの穀物、銅・アルミといった非鉄金属などのことを指す。

商品ETFとは (ETF投資ガイド
商品ETFは商品(コモディティ)価格に連動するように作られているETFです。金やプラチナ、銀、パラジウムといった各種商品価格に連動するように作られているETFです。株投資と同じ感覚で、商品投資ができるのが特徴です。

投資信託講座

投資信託の基礎知識
投資信託の基礎知識では、これから投資信託(ファンド)に投資をするという投資家のために、投資信託の「いろは」を解説する基礎講座です。
投資信託の購入ガイド
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。