投資信託と信託財産留保額

信託財産留保額とは、投資信託を解約する際に支払う手数料です。どの時点で解約してもいつでも信託財産留保額が必要になる投資信託もあれば、購入から一定の期間内に解約した場合のみかかる場合もあります。例えば、公社債投資信託の一種である「MMF」の場合設定から1ヵ月以内に解約した場合は信託財産留保額がかかりますが、以後の解約では必要ありません。

信託財産留保額とは

信託財産留保額とは投資信託の途中解約におけるペナルティ手数料のようなものです。

例えば、投資信託を期間中に解約する場合、ファンドは保有する株式資産を一部売却して現金化する必要があります。また、解約額によってはファンドの構成自体を見直す必要が出てくることともあります。こうした場合にかかる手数料やコストを解約をする投資家から負担してもらうペナルティ手数料が信託財産留保額です。

名前が「留保額」となっているとおり、解約時に信託財産(投資家が預けている資産)から一部が留保されて払い戻されます。利率に換算すると0.3%から0.5%程度が一般的な水準となっています。

こうした信託財産留保額については、ファンドごとに取り決めがあり、100%かかるわけではありません。ファンドによりルールが決められています。一般的にはファンドが定める期間内に解約した場合(1ヵ月・半年など)に信託財産留保額が発生します。

原則無料としている投資信託も多数あります。

投資信託をこれから始める方におすすめの証券会社

SBI証券

投資信託の取り扱い数が多い。さらに、投信マイレージサービスというポイントサービスがあり、投資信託を購入、保有するだけでポイントが貯まるユニークな特典付き。実施的な信託報酬の値引きになり投資信託のコストが安くなります。
>>SBI証券詳細

カブドットコム証券

1000円から始められる投資信託積立投資、販売手数料がかからないノーロード投資信託などの取り扱いが豊富。 三菱UFJフィナンシャルグループなので安心感も高い。
投資初心者から高い評価。
>>カブドットコム証券詳細

 

「投資信託の手数料(信託財産留保額)」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

信託財産留保額とは
信託財産留保額とは、投資信託解約時にかかるコスト。解約ペナルティ手数料のようなもの。かからない場合もある。

投資信託の手数料 (投資信託のコスト
投資信託の手数料を分類して解説しています。

投資信託講座

投資信託の基礎知識
投資信託の基礎知識では、これから投資信託(ファンド)に投資をするという投資家のために、投資信託の「いろは」を解説する基礎講座です。
投資信託の購入ガイド
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。