投資信託取り扱い本数ランキング

証券会社(ネット証券)や銀行(ネット銀行)における投資信託の取り扱い本数をランキング形式で比較していきます。

ネット証券・ネット銀行の投資信託取り扱い本数

各ネット証券およびネット銀行が販売を行っている投資信託について、各販売会社が公表している投資信託(ファンド)の取り扱い本数についてランキングしていきます。

2014年4月4日時点

1位:SBI証券

取り扱い投資信託本数:1562本
内ノーロードファンド:488本
外貨MMF:6通貨
海外ETF:対応
積立投資:可能
>>SBI証券詳細情報

2位:楽天証券

取り扱い本数:1541本
内ノーロードファンド:481本
外貨MMF:6通貨
海外ETF:対応
積立投資:可能
>>楽天証券詳細情報

3位:マネックス証券

取り扱い投資信託本数:1287本
内ノーロードファンド:358本
外貨MMF:3通貨
海外ETF:対応
積立投資:可能
>>マネックス証券詳細情報

4位:カブドットコム証券

取り扱い投資信託本数:460本
内ノーロードファンド:239本
外貨MMF:6通貨
海外ETF:なし
積立投資:可能
>>カブドットコム証券詳細情報

※取り扱いファンドの数などは調査日時点のものとなっています。正確な数字については各ネット証券やネット銀行(ネット銀行)における公式ホームページ等でご確認ください。

投資信託をこれから始める方におすすめの証券会社

SBI証券

投資信託の取り扱い数が多い。さらに、投信マイレージサービスというポイントサービスがあり、投資信託を購入、保有するだけでポイントが貯まるユニークな特典付き。実施的な信託報酬の値引きになり投資信託のコストが安くなります。
>>SBI証券詳細

カブドットコム証券

1000円から始められる投資信託積立投資、販売手数料がかからないノーロード投資信託などの取り扱いが豊富。 三菱UFJフィナンシャルグループなので安心感も高い。
投資初心者から高い評価。
>>カブドットコム証券詳細

 

「投資信託と販売会社選び」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

投資信託はどこで買っても同じ? (投資信託と銀行・証券会社

投資信託講座

投資信託の基礎知識
投資信託の基礎知識では、これから投資信託(ファンド)に投資をするという投資家のために、投資信託の「いろは」を解説する基礎講座です。
投資信託の購入ガイド
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。