投資信託の選び方

投資信託の選び方では、投資信託を購入する際にどんな視点で投資信託をチョイスしたり、具体的に絞込みを行っていくべきかについて、一例としていくつかの方法やピックアップ法を紹介していきます。

投資信託選びのための簡単なチェック

投資信託というものは、それぞれが様々な「特色」を持っているのが特徴です。市場に連動する、新興国に投資をする、エマージング国に投資をするなどリスクもリターンも様々です。そうした投資信託に投資をするのであれば、投資家サイドとしても投資信託を通じてどんなことを実現したいのかをある程度明確にしておかなければ投資をすることができません。

そこで、投資信託の選び方では、様々な目的別に投資信託をチョイスするためのエッセンスを紹介していきます。

 

安定運用か積極運用か?

投資信託選びをする第1に運用自体の安定性(安全性)をどの程度にしたいのか?というものが一つ目のポイントとなります。絶対的な安全性というものは投資信託ありませんが、中でも安定性の高いものから、株式投資よりもハイリスクなものまで多数あります。まずは自分の運用方針を考えましょう。
>>安定運用か積極運用か?

 

アクティブファンドかインデックスファンドか?

投資信託を選ぶ場合、ファンドマネージャーの積極的な売買によるアクティブ型の投資信託と、市場の指標(日経平均など)と連動するインデックスファンドがあります。まずは、アクティブとインデックスのどちらがあなたに向いているのかをチェックしましょう。
>>アクティブファンドかインデックスファンドか?

 

分配金重視か値上がり益重視か?

投資信託の収益は大きく「分配金」と「値上がり益」の二つがあります。一方で両方を完璧に満たすような投資信託はありません。自身として分配金重視の投資スタンスなのか、値上がり益を重視する投資スタンスなのかをある程度決めておきましょう。
>>分配金重視か値上がり益重視か?

 

投資信託をこれから始める方におすすめの証券会社

SBI証券

投資信託の取り扱い数が多い。さらに、投信マイレージサービスというポイントサービスがあり、投資信託を購入、保有するだけでポイントが貯まるユニークな特典付き。実施的な信託報酬の値引きになり投資信託のコストが安くなります。
>>SBI証券詳細

カブドットコム証券

1000円から始められる投資信託積立投資、販売手数料がかからないノーロード投資信託などの取り扱いが豊富。 三菱UFJフィナンシャルグループなので安心感も高い。
投資初心者から高い評価。
>>カブドットコム証券詳細

 

「投資信託の選び方」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

投資信託入門講座
投資信託の基本情報サイトです。投資信託について詳しく解説されています。

投資信託講座

投資信託の基礎知識
投資信託の基礎知識では、これから投資信託(ファンド)に投資をするという投資家のために、投資信託の「いろは」を解説する基礎講座です。
投資信託の購入ガイド
証券会社徹底比較では、株取引における証券会社をどのようにして選べばいいのかを分かりやすく解説していきます。