初心者のための資産運用講座外貨投資講座外貨預金講座>外貨預金はそのまま引き出せる?

外貨預金はそのまま引き出せる?

外貨預金は預金なんだから「外貨」としてそのまま銀行の口座から引き出せるの?という質問をよく受けます。結論からいうと難しいのですが、一部の銀行では外貨預金を外貨として利用できるケースがあります。

外貨預金がそのまま海外で使えたら

外貨預金がそのまま海外で使えたら便利ですよね?

外貨MMFやFXなどの投資はあくまでも投資で最終的に円に換えて利益を取るのが目的ですが、外貨預金の場合預金として預けた外貨を引き出して海外旅行の際に使うという目的を持たれている方も多いのではないでしょうか?

まず、都市銀行などでは一部の銀行でこうした対応が可能な場合があります。
しかしながら、都市銀行の場合、預ける時も高い手数料と取られる上、外貨として出金する際にはさらに手数料を取られてしまいます。

決して無理ではありませんが、かなり高い手数料を払うことになるのであまりお勧めはできません。T/C(トラベラーズチェック)として振り出す場合は多少手数料が安くなります。

 

ネット銀行の外貨預金のどうなの?

為替手数料の安いネット銀行の外貨預金の場合はどうなのでしょうか?

住信SBIネット銀行
不可

新生銀行
不可(国際キャッシュカードとしての出金は可能。ただし引き落としは円口座)

楽天銀行
不可(国際キャッシュカードとしての出金は可能。ただし引き落としは円口座)

となっております。うーん、じゃあ方法はないのでしょうか?

 

住信SBIネット銀行+SBIカードで解決

ありました!いい方法が。

それは、住信SBIネット銀行の外貨預金とSBIカードというクレジットカードを使う方法です。

まずは、SBIカードというクレジットカードを作り、住信SBIネット銀行にも口座を開設します。

その上で、住信SBIネット銀行に外貨預金口座を設定し、SBIカードの「ドル決済サービス」というサービスに申し込みをするというものです。

こうしておけば、SBIカードを通じて行った外貨決済(米ドル)は自動的に住信SBIネット銀行の外貨預金口座から落ちます

なお、住信SBIネット銀行の円から米ドルへの為替手数料はわずか9銭!これだけの低い手数料で米ドルと交換できる両替サービスというものは存在しないと思います。

外貨預金をためて海外で使いたいという方はぜひご活用ください。

 

外貨預金にお勧めのネット銀行

外貨預金なら住信SBIネット銀行

外貨預金を検討しているのであれば、断然ネット銀行の「住信SBIネット銀行」がおすすめ。
為替手数料は銀行最安値の1米ドルあたりわずか片道9銭(通常の都市銀行の場合1米ドルあたり、片道1円なので、手数料はなんと1/100以下!)。

ネット銀行という中で比較しても、楽天銀行が片道25銭、新生銀行片道50銭なのでこれらと比べても断然安い!
>>住信SBIネット銀行詳細情報

 

管理人一押し! おすすめFX業者

FX取引高で4年連続No1の実績があるFX取引業者。手数料コストも安く、金利(スワップ金利)も投資家に有利になっているので、初めてのFX取引をしたいという初心者にもお勧めの取引業者です。
>> 外為オンライン詳細情報

 

「外貨預金と税金」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

為替差益とは
為替レートの変動により生じる利益のこと。

外貨投資講座

外貨投資の基礎知識
外貨投資の基礎では、外貨投資の特徴やメリットやリスク、どのような取引方法があるのかを分かりやすく解説していきます。
外貨預金講座
外貨投資の一つである外貨預金の始め方、外貨預金を始めるにあたってのポイントなどを解説します。
外貨MMF講座
証券会社での外貨預金として使われることが多い、外貨MMFについてそのメリットを分かりやすく紹介。
FX取引講座
個人投資家の間で人気急上昇中の外貨投資である「FX(外国為替証拠金取引)」を徹底解説。
その他外貨投資
単純な外貨ではなく、外貨+アルファの投資となる外債投資、外国ファンド、外国株投資を徹底比較