初心者のための資産運用講座外貨投資講座外貨預金講座>外貨預金の手数料・コスト比較

外貨預金の手数料・コスト比較

外貨預金に投資をする場合にはどのような手数料やコスト(費用)がかかるのでしょうか?ここでは銀行における外貨預金の手数料やコストの仕組み・構造などを分かりやすく解説します。

外貨預金をするときにかかる費用には何がある?

外貨預金をする際の費用(コスト)は基本的に円と外貨に交換(為替取引)のときにかかる費用です。ただし、銀行によって2Wayプライス(スプレッドコスト)で表示するところもあれば、為替手数料という形で一本値表示をするところ、あるいはその両方がかかるところもあるので注意が必要です。

2Wayプライスとは

外貨投資において一般的な方法です。銀行における「Askレート・TTS・買取価格)」と「Bidレート(Offerレート)・TTB・売却価格」を表示するものです。
これはどういった方法なのかというとBidレートとAskレートという二つの値段を銀行が提示しています。例えば以下のように表示されます。

Askレート:1ドル90円10銭
Bidレート:1ドル91円10銭

Askレート(TTS・買取価格)というのは、銀行がこの為替レートなら1ドルを買い取りますよという値段。Bidレート(TTB・売却価格)というのはこの為替レートなら1ドルを売りますよという値段です。

通常AskレートとBidレートの間には差があります。この差は銀行の手数料となります。これはスプレッドと呼ぶことがあります。

為替手数料という形で一本値表示

為替手数料という形で一本値表示というのは、現在の基準価格は1ドル90円60銭です。為替の売買をする場合は片道50銭(銀行によって異なる)の為替手数料をいただきますよ。というタイプの手数料です。
この場合、基準となる価格(例は1ドル90円60銭)に±50銭したものが取引レートとなり、銀行側の手数料となります。

上の例なら、外貨預金をするときは1ドル91円10銭(90円60銭+50銭)となり、外貨預金を円に戻すときは90円10銭(90円60銭-50銭)で計算されます。ちなみに、為替手数料はこの場合、片道50銭と書きます。外貨預金の場合、ドルは必ず円に戻すので、行きと帰りの手数料がかかるからです。まとめる場合には往復1円と書きます。

2Wayプライス+為替手数料

銀行によっては2Wayプライス+為替手数料の両方の手数料がかかっている場合があります。この場合は、2wayプライスで二つの為替レートが表示されており、さらに売買をするときには所定の為替手数料がかかるというものです。

 

外貨預金の為替手数料に関する当サイトの表記について

当サイトでは、銀行間の外貨預金手数料・費用・コストを見やすく比較するため、すべての手数料をまとめて「片道○円(銭)」という表記に修正しております。

外貨預金なら住信SBIネット銀行

外貨預金を検討しているのであれば、断然ネット銀行の「住信SBIネット銀行」がおすすめ。
為替手数料は銀行最安値の1米ドルあたりわずか片道9銭(通常の都市銀行の場合1米ドルあたり、片道1円なので、手数料はなんと1/10以下!)。

ネット銀行という中で比較しても、楽天銀行が片道25銭、新生銀行片道50銭なのでこれらと比べても断然安い!
>>住信SBIネット銀行詳細情報

管理人一押し! おすすめFX業者

FX取引高で4年連続No1の実績があるFX取引業者。手数料コストも安く、金利(スワップ金利)も投資家に有利になっているので、初めてのFX取引をしたいという初心者にもお勧めの取引業者です。
>> 外為オンライン詳細情報

 

「外貨預金の手数料・コスト」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

TTSとは
TTBとは

スプレッドとは
FX取引で利用される場合、為替レートは「売値」と「買値」の二本値で表示されています(2wayプライス)。この売値と買値の差額がスプレッドとなりま す。

外貨預金で銀行を徹底比較
銀行(外貨預金)を上手に活用して資産運用していきましょう!

外貨投資講座

外貨投資の基礎知識
外貨投資の基礎では、外貨投資の特徴やメリットやリスク、どのような取引方法があるのかを分かりやすく解説していきます。
外貨預金講座
外貨投資の一つである外貨預金の始め方、外貨預金を始めるにあたってのポイントなどを解説します。
外貨MMF講座
証券会社での外貨預金として使われることが多い、外貨MMFについてそのメリットを分かりやすく紹介。
FX取引講座
個人投資家の間で人気急上昇中の外貨投資である「FX(外国為替証拠金取引)」を徹底解説。
その他外貨投資
単純な外貨ではなく、外貨+アルファの投資となる外債投資、外国ファンド、外国株投資を徹底比較