初心者のための資産運用講座外貨投資講座外貨預金講座外貨預金に関するQ&A>都市銀行とネット銀行外貨預金をするならどちらがお勧め?

都市銀行とネット銀行外貨預金をするならどちらがお勧め?

外貨預金を始めようと思いますが、外貨預金をするのならネット銀行より信頼性のある都市銀行でやるほうがよいと聞きましたが本当でしょうか?

回答:効率性ならネット銀行、信頼性なら都市銀行ですが・・・

おそらく、その質問をされるということは、外貨預金とペイオフとの関係が絡んでいるのかと推測します。

外貨預金は「ペイオフ(預金保険制度)」の対象外商品となっています。そのため、仮に金融機関が破綻した場合には元本(残高)が保護されないことがあります。
そのため、外貨預金をするのであれば安全な都市銀行(都銀)といわれたのだと思います。

確かに上記は正しく銀行の外貨預金は銀行が破綻した場合には保護されないので、万が一の場合を考えるとネット銀行より都市銀行のほうが安全です。
一方で「外貨預金と銀行比較」でも説明している通り、

住信SBIネット銀行(ネット銀行)の為替手数料が片道20銭であるの対して三菱東京UFJ銀行(都市銀行)の場合はなんと片道1銭の手数料です。
2010年7月2日現在の米ドルレートが1ドル87円であることを考えると

住信SBIネット銀行:手数料率0.22%
三菱東京UFJ銀行:手数料率1.15%

以上のようになり手数料だけでも5倍以上高いことになります。はっきりいって、手数料で1.15%(外貨預金は買って売るということになるので2倍の2.30%)もの手数料を取られたら折角の高金利の外貨預金の金利もほとんど生きません。
また、手数料だけでなく金利を比較してみても(米ドル金利 2010年7月2日現在)

住信SBIネット銀行:金利0.309%
三菱東京UFJ銀行:金利0.10%

以上のように3倍以上も金利にも違いがあります。銀行の信用リスクを考えるのであれば、たしかに都市銀行のほうがメリットはあるかもしれませんが効率性を考えると断然ネット銀行がオススメです。

ちなみに、ネット銀行の信用リスク(破綻するかも)が大きいと思う方は外貨預金よりも「外貨MMF」をおすすめします。外貨MMFは取引する金融機関の信用リスクはゼロです。(分別管理されて保護されるため)

外貨預金にお勧めのネット銀行

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行の外貨預金は取り扱い通貨数の豊富さと手数料の安さ(片道20銭)が魅力です。さらに、24時間インターネットを通じて、リアルタイムの為替レートで取引できるという点が大きな魅力です。
>>住信SBIネット銀行詳細ページ

楽天銀行

楽天銀行は7通貨の取り扱いが可能。為替手数料も片道25銭と格安です。また、外貨預金の購入や保有で楽天市場で利用できる「楽天スーパーポイント」がたまるようになっているので、非常にお得です。
>>楽天銀行詳細ページ

管理人一押し! おすすめFX業者

FX取引高で4年連続No1の実績があるFX取引業者。手数料コストも安く、金利(スワップ金利)も投資家に有利になっているので、初めてのFX取引をしたいという初心者にもお勧めの取引業者です。
>> 外為オンライン詳細情報

 

「外貨預金に関するQ&A」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

ネット銀行なんでもQ&A
銀行に関するQ&A情報です。

外貨投資講座

外貨投資の基礎知識
外貨投資の基礎では、外貨投資の特徴やメリットやリスク、どのような取引方法があるのかを分かりやすく解説していきます。
外貨預金講座
外貨投資の一つである外貨預金の始め方、外貨預金を始めるにあたってのポイントなどを解説します。
外貨MMF講座
証券会社での外貨預金として使われることが多い、外貨MMFについてそのメリットを分かりやすく紹介。
FX取引講座
個人投資家の間で人気急上昇中の外貨投資である「FX(外国為替証拠金取引)」を徹底解説。
その他外貨投資
単純な外貨ではなく、外貨+アルファの投資となる外債投資、外国ファンド、外国株投資を徹底比較