カバー取引とは何ですか?

FX取引業者を選ぶとき、この会社はしっかりカバー取引をしているから安心だと説明されましたが、カバー取引の意味がよく分かりません。なぜ安心なのでしょうか?

回答:カバー取引は相対取引(店頭取引)でのリスク回避注文です。

そもそも店頭取引とは、投資家と金融機関の間で行われる取引です。ということは、片方が儲かったら、もう片方は必ず損をするということになります。(ゼロサムゲーム

FX取引は為替レートの変動により売買益を得る投資になりますが、この場合も投資家が売買益を出したということはその額をFX取引業者が負担することになります。そこで行われるのがカバー取引です。

カバー取引とは、投資家から受けた取引注文と同じ注文を別の金融会社に出すというものです。例えば、投資家が1ドル100円で10万ドル買いという注文が出た場合、同じ注文を他の会社に出します。すると、投資家が儲かった場合はFX取引業者、カバー取引で利益が出ています。
逆に投資家が損をした場合、FX取引業者も損をしますが、その損は投資家から得られる利益で穴埋めできます。

つまり、カバー取引を行う事で、FX取引業者は投資家に対して中立的な立場になるということなのです。もちろんFX取引業者は売買手数料やスプレッドなどでも利益を得ているので、それで会社を維持することができます。

また、FX取引業者によってどの程度のリスクを許容できるのか異なります。投資家の参加者が多い場合や、投資家の注文がばらついている場合にはカバー取引を行う必要はありません。逆に、一方の固まっている場合にはFX取引業者にとってのリスクが高まるのでカバー取引を使ってリスクを下げるというように使います。

 

管理人一押し! おすすめFX業者

FX取引高で4年連続No1の実績があるFX取引業者。手数料コストも安く、金利(スワップ金利)も投資家に有利になっているので、初めてのFX取引をしたいという初心者にもお勧めの取引業者です。
>> 外為オンライン詳細情報

 

「FX(外国為替証拠金取引)に関するQ&A」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

レバレッジとは
テコという意味で、レバレッジ取引は少ない資産で多くの取引をおこなうことを指す。通常は倍数で表現しレバレッジ4倍という場合は資産100万円で400万円分の投資をおこなっているという意味になる。

外貨投資講座

外貨投資の基礎知識
外貨投資の基礎では、外貨投資の特徴やメリットやリスク、どのような取引方法があるのかを分かりやすく解説していきます。
外貨預金講座
外貨投資の一つである外貨預金の始め方、外貨預金を始めるにあたってのポイントなどを解説します。
外貨MMF講座
証券会社での外貨預金として使われることが多い、外貨MMFについてそのメリットを分かりやすく紹介。
FX取引講座
個人投資家の間で人気急上昇中の外貨投資である「FX(外国為替証拠金取引)」を徹底解説。
その他外貨投資
単純な外貨ではなく、外貨+アルファの投資となる外債投資、外国ファンド、外国株投資を徹底比較