初心者のための資産運用講座外貨投資講座FX取引講座FXに関するQ&A>自動ロスカットがあるのでFXで投資額以上の損はしないのでしょうか?

自動ロスカットがあるのでFXで投資額以上の損はしないのでしょうか?

取引しているFX取引業者では、損失(証拠金率の低下)が一定以上になった場合は自動的にロスカットされるサービスがあります。この仕組みがあれば基本的に、投資額(証拠金として預けている資金)以上の損はしないものなのでしょうか?

回答:基本的にはそういうことになりますが、為替相場が急変する場合は自動ロスカットが間に合わないことがあります。

FX取引の場合、リスクを限定するための多くの取引業者が「自動ロスカット」の基準を定めています。自動ロスカットの基準は様々ですが、例えば、証拠金率が○%以下になったら、発動というようになっています。

仮に、自動ロスカットの発動基準が証拠金率10%を割った場合になっているとしましょう。
証拠金として100万円を預けておき、「1ドル100円で5万通貨(500万円)の買い」の投資をした場合の証拠金率は100÷500=20%ということになります。

その後、為替レートが1ドル90円にまで進んだとします。この場合、損失が生じます。損失額=(90-100)×5万ドル=50万円となります。FX取引の場合の含み損は証拠金から差し引かれて証拠金率が計算されます(詳しくは「証拠金維持率の計算方法」などをご参照下さい。リンク先は信用取引ですが、同じ方法で計算されます。)

つまり、この場合は証拠金が100万円から損失分の50万円を差し引いた50万円になります。ポジションの大きさは変わりません(500万円)なので、この時の証拠金率は50÷500=10%にまで減少してしまいます。

この場合、自動ロスカットが発動して、建て玉を強制決済しますので、現在の為替レートである1ドル90円で決済されます。当然50万円の損失は発生しますが、そこで損切りをすることができるのです。

自動ロスカットは上記の仕組みになっているので、質問者様のおっしゃるとおり、投資額以上の損失がでることはありません。しかしながら、高いレバレッジで取引している場合や為替レートが激変した場合には必ずしもこうなるわけではありません。

例えば、レバレッジ200倍で取り引きをしていた場合、0.1%の為替レートの変動で、その200倍=20%もの元本変動が起こるわけです。ここまで大きいレバレッジの場合、一気に為替レートが0.5%変動するような場合には、預けている金額の100%が失われるわけです。つまり0.6%以上急変した場合には投資額以上の損失が発生します。

また、レバレッジが低い場合でも、為替レートが一気に数%以上変動するような場合には、自動ロスカットが間に合わない場合もあります。

管理人一押し! おすすめFX業者

FX取引高で4年連続No1の実績があるFX取引業者。手数料コストも安く、金利(スワップ金利)も投資家に有利になっているので、初めてのFX取引をしたいという初心者にもお勧めの取引業者です。
>> 外為オンライン詳細情報

 

「FX(外国為替証拠金取引)に関するQ&A」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

レバレッジとは
テコという意味で、レバレッジ取引は少ない資産で多くの取引をおこなうことを指す。通常は倍数で表現しレバレッジ4倍という場合は資産100万円で400万円分の投資をおこなっているという意味になる。

外貨投資講座

外貨投資の基礎知識
外貨投資の基礎では、外貨投資の特徴やメリットやリスク、どのような取引方法があるのかを分かりやすく解説していきます。
外貨預金講座
外貨投資の一つである外貨預金の始め方、外貨預金を始めるにあたってのポイントなどを解説します。
外貨MMF講座
証券会社での外貨預金として使われることが多い、外貨MMFについてそのメリットを分かりやすく紹介。
FX取引講座
個人投資家の間で人気急上昇中の外貨投資である「FX(外国為替証拠金取引)」を徹底解説。
その他外貨投資
単純な外貨ではなく、外貨+アルファの投資となる外債投資、外国ファンド、外国株投資を徹底比較