ユーロ(EUR)

EU圏における統一通貨(一部非加盟)です。米ドル、円と並ぶ世界三大通貨の一つです。911事件、サブプライムショックなどので米ドルに対する不安が高まる事で、逆に存在感を増しつつあります。一方で、2010年になるとPIIGS(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン)というEU加盟国の経済危機も伝えられ相場は混乱しています。

ちなみに、左の国旗はEUの国旗であり、ユーロのシンボルというわけではありません。

ユーロの単位と基本

ユーロの単位は「ユーロ」と補助単位である「セント」があります。1ユーロ=100セントとして扱われます。最小取引単位は1セントとなります。

通貨の発行:ECB(欧州中央銀行)

 

為替レート変動の特徴

米ドルとの2大基軸通貨として流通量が拡大傾向にあります。サブプライムショック以後は諸外国の外貨準備に米ドル依存ではなく、米ドルとユーロの両方を準備する国が増えたことからも国際的な地位向上が見て取れます。

しかしながら、複数の国家間での単一通貨であるという点、歴史の浅い通貨であるという点などの問題を抱えている。現に、PIIGS問題といわれるように、ユーロ導入国でも経済問題が表面化したことから、2010年に掛けて大幅なユーロ安に陥っている。

金利と為替レートの関係性においては一般に米国債とドイツ債券との金利差が重視されることが多い。

管理人一押し! おすすめFX業者

FX取引高で4年連続No1の実績があるFX取引業者。手数料コストも安く、金利(スワップ金利)も投資家に有利になっているので、初めてのFX取引をしたいという初心者にもお勧めの取引業者です。
>> 外為オンライン詳細情報

 

「ユーロ」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

外貨準備高とは
各国の中央銀行(日銀)や政府の金融当局(金融庁)などが保持している自国通貨以外の外貨の量のこと。

ユーロとは(為替)

外貨投資講座

外貨投資の基礎知識
外貨投資の基礎では、外貨投資の特徴やメリットやリスク、どのような取引方法があるのかを分かりやすく解説していきます。
外貨預金講座
外貨投資の一つである外貨預金の始め方、外貨預金を始めるにあたってのポイントなどを解説します。
外貨MMF講座
証券会社での外貨預金として使われることが多い、外貨MMFについてそのメリットを分かりやすく紹介。
FX取引講座
個人投資家の間で人気急上昇中の外貨投資である「FX(外国為替証拠金取引)」を徹底解説。
その他外貨投資
単純な外貨ではなく、外貨+アルファの投資となる外債投資、外国ファンド、外国株投資を徹底比較