人民元(CNY)

人民元は中華人民共和国の法定通貨です。固定相場を採用しており2005年にドルペッグ制から通貨バスケット方式となり通貨の切り上げが行われました。外貨預金や外貨MMFでの取り扱いはありませんが、FXではごく一部の取引業者で売買が可能です。

2012年に中国人民元の外貨預金が解禁されました。
新生銀行じぶん銀行などの銀行で中国人民元建ての預金が可能となっています。

人民元の単位と基本

人民元の単位は「元」と補助単位は角、分で、1元=10角=100分になる。

通貨の発行:中国人民銀行

 

為替レート変動の特徴

為替レートは原則として固定相場制を採用しています。
2005年までは「ドルペッグ制」、それ以後は「通貨バスケット方式」を採用し、その際に通貨の切り上げが行われました。2010年現在さらに通貨を切り上げるように米中間での協議が行われています。

2012年には人民元建ての預金が解放されています。下記の外国銀行で人民元建ての預金が可能なほか、2012年後半からは日本のネット銀行や都市銀行などでも人民元建ての預金が可能になりました。

管理人一押し! おすすめFX業者

FX取引高で4年連続No1の実績があるFX取引業者。手数料コストも安く、金利(スワップ金利)も投資家に有利になっているので、初めてのFX取引をしたいという初心者にもお勧めの取引業者です。
>> 外為オンライン詳細情報

 

人民元」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

外貨準備高とは
各国の中央銀行(日銀)や政府の金融当局(金融庁)などが保持している自国通貨以外の外貨の量のこと。

外貨投資講座

外貨投資の基礎知識
外貨投資の基礎では、外貨投資の特徴やメリットやリスク、どのような取引方法があるのかを分かりやすく解説していきます。
外貨預金講座
外貨投資の一つである外貨預金の始め方、外貨預金を始めるにあたってのポイントなどを解説します。
外貨MMF講座
証券会社での外貨預金として使われることが多い、外貨MMFについてそのメリットを分かりやすく紹介。
FX取引講座
個人投資家の間で人気急上昇中の外貨投資である「FX(外国為替証拠金取引)」を徹底解説。
その他外貨投資
単純な外貨ではなく、外貨+アルファの投資となる外債投資、外国ファンド、外国株投資を徹底比較