要人発言と為替レート(為替相場)

要人とは、各国中央銀行の関係者や財務大臣などの重要人物による発言です。こうした要人は市場に対してメッセージを発します。こうした市場へのメッセージは今後の経済の先行きについての展望などを示すことが多いため、当然為替レートへも大きく影響を与えます。また、政府による為替介入などについてもあわせて判断されることがあります。

要人発言とは何か?

要人発言とは、一般に政府や中央銀行などの要職についているひとたちの発言となります。日本の場合は、財務大臣・日本銀行総裁などです。また、米国の場合は財務長官、FRB議長などが代表的です。

こうした要人は今後の景気見通しについての発言を行うことがよくあります(それが仕事ですので)。こうした発言はその内容によっては、現在の市場がもっているコンセンサスと異なることがあります。

例えば、市場は米国経済を好調であると見ているのに、FRB議長が米経済の見通しは暗いなどと発言する場合には、市場に大きなインパクトを与えます(この場合は当然にドル安に向かうでしょう)。

景気・金利に対する見通し

まず、各国の中央銀行は短期金利に対するある程度の裁量権をもっています。いわゆる金融政策と呼ばれるものです。景気がよければ金融引き締めを行い短期金利を上昇させ、逆に景気が悪ければ金融緩和を行い短期金利を下落させ景気を安定させます。
こうした決定権を持つ中央銀行(米国はFRB)のトップ(またはそれに近い要人)の発言は為替レートに大きな影響を与えます。
もちろん、直接的に金利や金融緩和(引き締め)についての言及がなくとも発言のトーンなどから市場は今後の動向を判断していきます。

為替レート自体に対する言及

財務省などの政府機関は場合によって為替レートに対する言及を行う場合があります。特に為替相場が大きく変動した場合などは「介入」をちらつかせる場合があります。介入とは政府(日銀)が為替市場に介入することで相場を維持したり適切な水準にまで価格を変動させることです。直接為替相場に政府が介入してくるので相場への影響は極めて大きいです。

管理人一押し! おすすめFX業者

FX取引高で4年連続No1の実績があるFX取引業者。手数料コストも安く、金利(スワップ金利)も投資家に有利になっているので、初めてのFX取引をしたいという初心者にもお勧めの取引業者です。
>> 外為オンライン詳細情報

 

「要人発言と為替レート(為替相場)」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

中央銀行とは
国家の金融システムに対する規制権限を有する銀行のこと。銀行の銀行、政府の銀行とも呼ばれる。信用制度の管理、銀行券(通貨)の発行、商業銀行監督、外貨準備高および自国通貨の管理、政府向け銀行業務などが挙げられる。

FRB(連邦準備制度理事会)とは
米国における中央銀行制度の最高意思決定機関のこと。中央銀行制度そのものを指すこともある。7名の理事から構成されている。

外貨投資講座

外貨投資の基礎知識
外貨投資の基礎では、外貨投資の特徴やメリットやリスク、どのような取引方法があるのかを分かりやすく解説していきます。
外貨預金講座
外貨投資の一つである外貨預金の始め方、外貨預金を始めるにあたってのポイントなどを解説します。
外貨MMF講座
証券会社での外貨預金として使われることが多い、外貨MMFについてそのメリットを分かりやすく紹介。
FX取引講座
個人投資家の間で人気急上昇中の外貨投資である「FX(外国為替証拠金取引)」を徹底解説。
その他外貨投資
単純な外貨ではなく、外貨+アルファの投資となる外債投資、外国ファンド、外国株投資を徹底比較