為替レートに影響を与えること

為替レートは様々な要因により変動しています。ここでは、より具体的に為替レートはどのような理由で変動していくのかをわかりやすく解説していきます。この点が理解できると新聞のニュースなどの見方が少し変わってくるかと思います。

為替レート変動はいったいどんな理由で変動するのか?

為替レートは、株価と同じように買いたい人、売りたい人のバランスによって変動します。しかし、買いたい人、売りたい人それぞれが適当に売買しているわけではありません。それぞれ理由があって買いたい・売りたいと判断しているわけです。

為替レートが変動する基本は経済のファンダメンタルによるものと需給によるものが挙げられます。ファンダメンタルとは「基礎的要因」ともよばれ経済や景気の状況などを意味します。
そしてもう一つは「需給」によるものです。例えば輸出業者、輸入業者などは決済において当然為替の売買を行う必要があります。こうした業者はそれぞれ手にした外貨を売って円にしたり、逆に輸入品を購入するために円を売って外貨を買ったりします。
こうした需要と供給も為替レートに影響をあたえます。

 

為替レートを変動させるファンダメンタル(基礎的要因)

為替レートを変動させるもっとも大きな理由は経済のファンダメンタルによるものが多いです。それぞれの国や地域の経済情勢・景気などがその国(地域)の「強さ」となります。
ただし、為替レートというのはあくまでも、それぞれの通貨の間で相対的に取引されます。

つまり、為替レートと経済のファンダメンタルの間ではそれぞれの国(地域)との差が問題となります。

金利差

為替レートにおいて最も影響を受けるのがこの金利差という考え方です。金利というのは、経済のバロメーターであるといわれています。信用不安などがある場合を除いて、金利(特に長期金利)が高い=経済が好調であると判断されます。

要人発言

要人とは、各国中央銀行の関係者や財務大臣などの重要人物による発言です。こうした要人は市場に対してメッセージを発します。こうした市場へのメッセージは今後の経済の先行きについての展望などを示すことが多いため、当然為替レートへも大きく影響を与えます。また、政府による為替介入などについてもあわせて判断されることがあります。

重要経済指標

政府当局は経済情勢を示す様々な指標を発表します。こうした経済指標は要人発言と同様に今後の経済・景気に対する展望や状況などを統計として提供するものです。当然、こうした指標結果の良し悪しなどは為替レートに対して大きな影響を与えます。

 

需給による為替レートの変動

為替レートの基本は経済のファンダメンタルによるもので動きますが、ごく短期的に見る場合には需給のみで変動することも多々あります。ここでは、為替レートと需要・供給について説明していきます。

投資マネーと実需筋

大きく為替を売買しているのは「投資マネー」と「実需筋」に分けることができます。要するに単なる投資資金と、実際の必要性に応じて通貨同士を交換するという資金です。まずは、投資マネーと実需について理解しましょう。

 

管理人一押し! おすすめFX業者

FX取引高で4年連続No1の実績があるFX取引業者。手数料コストも安く、金利(スワップ金利)も投資家に有利になっているので、初めてのFX取引をしたいという初心者にもお勧めの取引業者です。
>> 外為オンライン詳細情報

 

「為替レートに影響を与えること」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

為替レートが変動する理由
為替レートはどういった理由で変動するのか?どういった流れで為替レートが変わっていくのかを解説。

外貨投資講座

外貨投資の基礎知識
外貨投資の基礎では、外貨投資の特徴やメリットやリスク、どのような取引方法があるのかを分かりやすく解説していきます。
外貨預金講座
外貨投資の一つである外貨預金の始め方、外貨預金を始めるにあたってのポイントなどを解説します。
外貨MMF講座
証券会社での外貨預金として使われることが多い、外貨MMFについてそのメリットを分かりやすく紹介。
FX取引講座
個人投資家の間で人気急上昇中の外貨投資である「FX(外国為替証拠金取引)」を徹底解説。
その他外貨投資
単純な外貨ではなく、外貨+アルファの投資となる外債投資、外国ファンド、外国株投資を徹底比較