高金利通貨に投資ができる

外貨投資のメリットの一つとしては高金利通貨への投資が挙げられます。日本では預金をしてもすずめの涙ほどの金利しかつきませんが、諸外国に目を向けてみると預金でも数%以上の高金利を受け取ることができる通貨はたくさんあります。このような高金利な通貨に投資ができるというのがメリットの一つです。

外貨との金利差による運用が可能

日本においては円の預金金利の安さが長期間続いています。一方で海外に目を向けてみると、諸外国では日本の金利の数倍~数十倍もの高金利が付されている通貨も多く存在しています。

外貨投資はこうした金利が高い国の通貨に投資をすることができるチャンスなのです。

諸外国における政策金利の違い

以下は2009年8月時点における諸外国における政策金利の一覧です。以前はもっと差がありましたがリーマンショック以降の景気後退により各国の政策金利も下落しています。

日本
アメリカ
EU
イギリス
豪州
NZ
南アフリカ
0.1%
0.25%
1.00%
0.5%
3.00%
2.50%
7.00%
1倍
2.5倍
10倍
5倍
30倍
25倍
70倍

上が政策金利のレートで、下が日本の政策金利と比較した場合の倍率を示したものです。

高金利通貨への投資の注意点

高金利通貨に投資をするということで、金利が高いほどいいのか?といわれるとそれだけではありません。例えば、南アフリカ共和国の通貨である「南アフリカランド」は政策金利で7%と非常に高率の金利となっています。
しかし、南アフリカは政治・経済において日本ほどの安定性はありませんし、インフレも警戒されています。場合によっては大きく為替レートの変動が起こるリスクもあるわけです。こうしたリスクに対してはある程度しっかりと把握しておく必要があります。

もちろん、高金利通貨=リスクの高い国というわけではありません。日本はたしかに低金利ですが、この低金利は安全性が高いことと同義ではないのと同じです。

 

管理人一押し! おすすめFX業者

FX取引高で4年連続No1の実績があるFX取引業者。手数料コストも安く、金利(スワップ金利)も投資家に有利になっているので、初めてのFX取引をしたいという初心者にもお勧めの取引業者です。
>> 外為オンライン詳細情報

 

「高金利通貨に投資ができる」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

高金利通貨とは
高金利通貨とはいわゆる政策金利が高い国の通貨のこと。

政策金利とは
政策金利とは、各国の中央銀行が景気やインフレなどをコントロールするために調整している金利のこと。日本の場合、無担保コール翌日物金利、米国の場合FFレートなどが代表的。

外貨投資講座

外貨投資の基礎知識
外貨投資の基礎では、外貨投資の特徴やメリットやリスク、どのような取引方法があるのかを分かりやすく解説していきます。
外貨預金講座
外貨投資の一つである外貨預金の始め方、外貨預金を始めるにあたってのポイントなどを解説します。
外貨MMF講座
証券会社での外貨預金として使われることが多い、外貨MMFについてそのメリットを分かりやすく紹介。
FX取引講座
個人投資家の間で人気急上昇中の外貨投資である「FX(外国為替証拠金取引)」を徹底解説。
その他外貨投資
単純な外貨ではなく、外貨+アルファの投資となる外債投資、外国ファンド、外国株投資を徹底比較