FXの取引市場

FX取引市場は大きく「相対取引(店頭取引)」と「取引所取引」の二つに分けることができます。同じFX取引といっても取引市場(取引方法)がかわることで様々な違いがあります。実際に投資を始める場合もすぐに決める必要があります。ここでは、FX取引市場についてそれぞれの特徴を徹底的に比較していきます。

FX取引には、大きく「店頭取引(相対取引)」と「取引所取引」がある

FX取引に関わらず為替取引は基本的に「相対取引」という方法が取られます。相対とは一対一という意味で、投資家と業者が直接やり取りをする取引の事を指します。
例えば、銀行で外貨預金をする場合には、銀行に言って円を渡して米ドルなどの外貨を買います。このように直接それぞれが取引することを相対取引と呼びます。

基本的に為替取引の基本はこの「店頭取引(相対取引)」となります。一方の取引所取引とは、株式市場における株の売買のようなものです。業者は市場に取り次ぎをするだけで取引自体は市場(マーケット)で行われるというものです。
為替取引には「インターバンク市場(銀行間市場)」という市場があるのですが、これはあくまでも銀行同士が為替取引をする市場で、一般の投資家が入る市場ではありません。

しかし、FX取引の拡大を受けて、近年「くりっく365」と「大証FX」という二つの外国為替証拠金取引の取引市場が創設されました。

ここでは、FX取引における「相対取引(店頭取引)」と「取引所取引」の違いを説明します。

相対取引(店頭取引)の特徴

基本的にFX取引においてはこの相対取引が基本です。特徴としては、取引の幅が広いということです。取引所取引のFXは取引できる通貨や取引の方法に制限がありますが、相対取引の場合は、比較的自由度が高いので様々な取引が可能です。
また、取引所を仲介させないため、取引コスト(手数料・スプレッド)も小さいのが特徴です。

取引所取引の特徴

最大のメリットはその安心さと税金面の優遇です。取引所取引の場合、取引は公正な取引所によって行われるので不正はなく透明性が高いです。さらに、取引所取引の場合には、相対取引の場合と異なり税制面で優遇措置を受けることが可能です(2012年1月以降は店頭取引と取引所取引の税制が一本化され、当該メリットは共通のものとなりました)。

一方で、取引の幅が小さくなってしまうという点と、取引コスト(手数料)が高いというのが難点です。ちなみに、取引所取引は「くりっく365(東京金融取引所)」「大証FX(大阪証券取引所)」の二つの取引所あり、それぞれで取引のルールや仕組みが若干異なります。
ちなみに、この二つの取引所取引については「くりっく365と大証FXの比較」で違いを説明しています。

 

管理人一押し! おすすめFX業者

FX取引高で4年連続No1の実績があるFX取引業者。手数料コストも安く、金利(スワップ金利)も投資家に有利になっているので、初めてのFX取引をしたいという初心者にもお勧めの取引業者です。
>> 外為オンライン詳細情報

 

FXの取引市場」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

相対取引とは
市場を介さずに売買の当事者同士で売買を行う方法のこと。

FX取引の種類と違い
FX取引の種類とそれぞれの特徴について

外貨投資講座

外貨投資の基礎知識
外貨投資の基礎では、外貨投資の特徴やメリットやリスク、どのような取引方法があるのかを分かりやすく解説していきます。
外貨預金講座
外貨投資の一つである外貨預金の始め方、外貨預金を始めるにあたってのポイントなどを解説します。
外貨MMF講座
証券会社での外貨預金として使われることが多い、外貨MMFについてそのメリットを分かりやすく紹介。
FX取引講座
個人投資家の間で人気急上昇中の外貨投資である「FX(外国為替証拠金取引)」を徹底解説。
その他外貨投資
単純な外貨ではなく、外貨+アルファの投資となる外債投資、外国ファンド、外国株投資を徹底比較