FX売買のやり方

FXにおける売買の具体的なやり方の特徴を解説します。通常の外貨投資の場合は、円をベースに考えて「ドル」や「ユーロ」などの外貨を買うという方法が基本ですが、FXの場合には為替を決済する約束を買っているわけですので、例えば円安ドル高方向に進むことを見越して、円を買ってドルを売るという空売りのような売買もできます。

FX取引における為替の売買

銀行における外貨預金、証券会社による外貨MMF、これらの外貨商品は円で外貨を買う(交換する)という取引でした。

しかし、FX取引はこうした外貨取引とは異なり外貨を交換するのではなく、特定の為替レートの組み合わせ(通貨ペアといいます)を売買する約束をする取引です。

例えば、現在の為替レートが1ドル100円で取引されていると仮定します。

この時、外貨預金や外貨MMFなら、ドルを買うか買わないかしか選択することができません。つまり、将来「円安」になることを期待できる場合でしか外為投資はできません。

しかし、FX取引の場合は、この為替レートで、「円を買う」「ドルを買う」のどちらも選ぶことができるのです。仮に、「円を買う」という方法を選択した場合、には将来円高になる事で利益を得ることができるのです。

まるで信用取引の「空売り」のようなイメージです。FXの場合は、為替レートが円高に進んだ場合でも、円安に進んだ場合のどちらでも売買をすることができるのです。

さらに、「円」を絡めない取引も可能です。例えば、世界で最も取引量が多い「ドル」と「ユーロ」の組み合わせ(通貨ペア)による売買も可能です。

通貨ペアとは

FXにおいては、通貨ペアという形で取引されます。通貨ペアとは名前の通りFX取引で売買できる為替同士の組み合わせです。例えば、「米ドル/円」のような形で1セットになります。FX取引はこうした通貨ペアを売買する形で行われます。
また、外国通貨と円の組み合わせだけではなく、外国通貨同士の組み合わせもあります。最もメジャーなのが「米ドル/ユーロ(USD/EUR)」の組み合わせですね。

 

通貨ペアのロングとショート

FX取引にはロングとショートという言葉があります。

ロングとは「買い」という意味でショートとは「売り」という意味になります。ただしこの場合の、「買い」「売り」とは買ったものを売るといった意味ではなく、買いポジションをもつ、売りポジションを持つという意になります。ロングは信用取引における「信用買い」、ショートは信用取引における「空売り」とほぼ同じような意味です。

つまり、円ドルの通貨ペアをロングするという場合には、円を売ってドルを買うというポジションを持つことになり、円ドルの通貨ペアをショートするという場合には、円を買ってドルを売るというポジションを持つということになります。

例えば、「米ドル/日本円」という通貨ペアがある場合、
通貨ペアの買い:円を売ってドルを買う
通貨ペアの売り:ドルを売って円を買う
というポジションになります。普段の生活を「円」でしている私たちにとっては、外貨を売って円を買うというのは分かりにくいですが、「FXでは空売りができるとはどういう意味なのでしょうか?」などでもう少し詳しく説明しているので、意味不明という方はご一読下さい。

管理人一押し! おすすめFX業者

FX取引高で4年連続No1の実績があるFX取引業者。手数料コストも安く、金利(スワップ金利)も投資家に有利になっているので、初めてのFX取引をしたいという初心者にもお勧めの取引業者です。
>> 外為オンライン詳細情報

 

FX売買のやり方」の用語解説・関連サイト

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

空売りとは
空売りとは株式などを証券会社から借りて、市場で売り、その後買い戻して返済する取引

FX取引のメリット
FX取引のメリットを解説

通貨ペアとは
FX取引の取引単位

外貨投資講座

外貨投資の基礎知識
外貨投資の基礎では、外貨投資の特徴やメリットやリスク、どのような取引方法があるのかを分かりやすく解説していきます。
外貨預金講座
外貨投資の一つである外貨預金の始め方、外貨預金を始めるにあたってのポイントなどを解説します。
外貨MMF講座
証券会社での外貨預金として使われることが多い、外貨MMFについてそのメリットを分かりやすく紹介。
FX取引講座
個人投資家の間で人気急上昇中の外貨投資である「FX(外国為替証拠金取引)」を徹底解説。
その他外貨投資
単純な外貨ではなく、外貨+アルファの投資となる外債投資、外国ファンド、外国株投資を徹底比較