マネーパートナーズの評判・クチコミ

取引できる通貨数は他の業者より少ないものの、手数料面、サービス面、情報面の三拍子がそろったFX取引業者。信託保全対応済み。最低100通貨単位からの取引にも対応しているので初心者にも優しい。

マネーパートナーズの基本情報

以下では、マネーパートナーズの基本的な取引商品や手数料、取扱商品や独自サービス・強みなどを紹介していきます。

FX取引の種類 相対取引
最低通貨単位 1000通貨単位 (ただしFXnanoの場合は100通貨単位)
通貨ペア数 10通貨
信託保全 対応済み
手数料(米ドル) 無料
最小スプレッド(米ドル) 2銭~ (ただしFXnanoの場合は6銭~)
相場状況によって変動します。
リアルタイム入金 ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
楽天銀行
・みずほ銀行
・三井住友銀行
・三菱東京UFJ銀行
・ゆうちょ銀行

 

マネーパートナーズの総合評価

取引規模では業界第4位です。証券取引所に上場しており、健全性に対して十分に配慮したサービスには定評があります。スプレッドコストは最小2銭~となっており、コスト面でも充実しています。

また、FXnanoというサービスもおこなっており、この場合は取引単位が100通貨単位(米ドルならおよそ9万円程度)単位での投資が可能というのも初心者にはうれしいです。まずは、このFXnanoでFXの投資経験を磨くというのもアリです。

※FX取引業者の評価については個人的な見解が含まれています。これらの批評については、あくまでも管理人自身の批評であり、全体の意見というわけではありません。

マネーパートナーズ
マネーパートナーズ公式ホームページ

「マネーパートナーズ」の関連サイト

マネーパートナーズに関する関連サイト・お役立ちサイトを紹介していきます。

比較サイト・ランキングサイト一覧
マネーパートナーズについて他のネット証券などを比較している比較サイト、ランキングサイトなどを紹介していきます。
マネーパートナーズ(マネーナビ)
マネーパートナーズの比較(FX比較ランキング)

初心者のための資産運用講座

資産運用の基礎
資産運用の基礎では、資産運用とは何なのか?また、資産運用において押さえておきたいポイントを分かりやすく解説します。
銀行預金
資産運用というよりも貯蓄という言葉がピッタリかもしれません。私たちの生活にもかなり密着した銀行サービスを徹底解剖。
外貨投資
資産運用の中でも日本というリスクに備えることができ、大きなリスク分散が可能が外貨投資について投資商品や投資のポイントを解説します。
株式投資
株式投資講座では、株式投資の始め方から株取引の方法、運用法まで分かりやすく解説していきます。
投資信託
投資信託講座では、投資ビギナーにも最適な投資信託投資についての基本から選び方まで徹底解説。
不動産投資
不動産投資講座はアパート経営やマンション投資、不動産投資信託まで不動産に関する投資ガイド。