インターネットと銀行

最近銀行の中でも特に口座数を伸ばしているのがネット銀行というネット専業銀行です。また、既存の都市銀行、地方銀行でも多くの銀行がインターネットに対応しています。ここでは、インターネットと銀行サービスについて分かりやすく分析していきます。

インターネットと銀行

パソコンはもちろん、携帯電話でもインターネットとつながっている近年、多くの銀行サービスがインターネットにシフトしてきています。個人的にも、振込、残高商品、定期預金等の申込、預金商品の解約などほとんどの銀行サービスはパソコンか携帯電話で済ませています。

こうした流れの中、今後ますます、インターネットによる銀行サービスの普及が進むものと思います(もちろん、コンサルティングなど一部サービスについては店舗型サービスとして残ると思いますが・・・)。そこで、ここではインターネットと銀行の関係について掘り下げて分析していきます。

ネットと銀行の親和性

個人的にインターネットと銀行サービスというものはとても親和性の高いサービス同士であると考えています。それは銀行サービスのほとんどが「数字」で代替が可能であるためです。もっというと金融サービスは実はネットと非常に親和性が高いのです。

ネット銀行とネット支店

ネット銀行と呼ばれるネット専業銀行は当然ネット対応が進んでいますが、近年では、それ以外の都市銀行や地方銀行でも多くの銀行がネットサービスに手を出しています。その理由は、また専業銀行と兼業銀行の違いは何なのかを解説します。

「インターネットと銀行」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

・総合口座とは

銀行預金講座

銀行活用の基礎知識
銀行という金融機関の仕組みや背景、各種制度のほか、銀行が提供している様々なサービスを解説。
銀行預金の種類と特徴
銀行預金の種類と特徴では、銀行が取り扱っている預金商品についてそれぞれの特徴を分かりやすく紹介していきます。
ネット銀行比較
ネット銀行比較では、話題のネット銀行を様々な角度(預金商品や金利、サービス)でそれぞれを徹底的に比較していきます。