銀行と手数料

銀行取引をするうえでは様々な手数料が発生します。ごく一般的な、ATM手数料、振込手数料などのほかにもローン時にかかる手数料や外国為替手数料、口座維持にかかる手数料など様々です。ここでは、銀行の利用にかかる手数料についてまとめていきます。

なお、ここでの表記は一般的な表記で解説します。銀行によっては一部名称が異なる場合もありますのでご注意ください。

銀行でかかる手数料の一覧とお得な節約術

銀行で取引をすると色々な手数料がかかります。
預金金利がほとんどつかない中で、一回の取引で年間の金利を超えちゃったなんてこともザラにある時代です。

そんな中、銀行の利用でかかる手数料とそれぞれの手数料をオトクに節約するためのポイントをまとめてみました。ぜひご活用ください。

 

ATM利用手数料

ATM(現金自動預け払い機)を利用する際にかかる手数料です。入金、出金などで発生します。使用するATMや使用する時間で手数料がかかるケースとかからないケースがあります。また、取引状況などによって手数料がかからないケースもあります。
>>ATM利用手数料とお得な節約術

 

振込手数料

銀行間でお金を「振込」するときにかかる手数料です。一般的には自行間(同一支店間・同一銀行間)と他行間(他の銀行同士)とで手数料が異なります。また、一般的に3万円未満(以上)かで手数料が異なるケースも多いです。手数料の高さは一般的に窓口>ATM>オンラインバンキングの順で安くなります。
>>振込手数料とお得な節約術

 

口座維持手数料

日本の銀行で徴収されることは稀ですが、一定の預金額以下しかない場合に発生するようなケースがあります。口座管理手数料とも。欧米の銀行では比較的メジャーな手数料です。
>>口座維持手数料とお得な節約術

 

「銀行と手数料」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

ありません。

銀行預金講座

銀行活用の基礎知識
銀行という金融機関の仕組みや背景、各種制度のほか、銀行が提供している様々なサービスを解説。
銀行預金の種類と特徴
銀行預金の種類と特徴では、銀行が取り扱っている預金商品についてそれぞれの特徴を分かりやすく紹介していきます。
ネット銀行比較
ネット銀行比較では、話題のネット銀行を様々な角度(預金商品や金利、サービス)でそれぞれを徹底的に比較していきます。