デビットカード

厳密な意味ではデビットカードというのはキャッシュカードを使った決済サービスという意味になります。ジェイデビットというサービスの他、VISAと提携する形となるVISAデビットカードという二種類のサービス方式が日本では主流です。また、ジャパンネット銀行が決済用に作ったワンタイムデビット(VISA)というサービスも存在します。

デビットカードのメリットは現金を持たずに買い物をすることができるというメリットの他、代金が即時引き落とされるので、クレジットカードのような与信が必要ないという点が挙げられます。そのため、未成年の方やクレジットカードを作るのが難しい方でも利用できます。

デビットカードの詳細と活用

日本でのデビットカードサービスには大きく「ジェイデビット」と「VISAデビットカード」という二種類のサービスがあります。

まず、ジェイデビットとは日本のほとんどの銀行が加盟しているもので、普通のキャッシュカードに最初から備わっています。使い方は簡単で、お買い物などをする際に、「デビット払いで」と伝えるだけで自動的に銀行口座から代金分がリアルタイムに支払われるというものです。(ただし、カードを読み取る必要があるので、ネット取引などには利用できません。)

VISAデビットカードというは少し特殊で、VISAデビットカード機能を持つキャッシュカードを銀行から発行してもらいます。このデビットカードにはクレジットカードと同じようにカード番号があり、ネットショッピングなどオンラインでの取引にも利用できます。
そのため、従来のジェイデビットでは取引できないようなネット上での決済にもこのVISAでビットサービスは利用することができるのです。

「デビットカード」の用語解説

ここではこのページで使われた様々な用語について解説をします。リンク先は「金融経済用語辞典」の用語解説ページ、または関連情報が掲載されているサイトです。

デビットカードとは
デビットカード(Debit Card)とは、商品購入時に現金ではなく、銀行の普通預金口座から即時引き落として支払うカードのこと。クレジットカードと似ているが、銀行預金の預金残高の範囲内でしか買い物ができないので、与信は行われない。そのため、未成年でも利用可能である。

銀行預金講座

銀行活用の基礎知識
銀行という金融機関の仕組みや背景、各種制度のほか、銀行が提供している様々なサービスを解説。
銀行預金の種類と特徴
銀行預金の種類と特徴では、銀行が取り扱っている預金商品についてそれぞれの特徴を分かりやすく紹介していきます。
ネット銀行比較
ネット銀行比較では、話題のネット銀行を様々な角度(預金商品や金利、サービス)でそれぞれを徹底的に比較していきます。